乗客の命を守る酸素マスク!飛行機での正しい使い方と対処法を説明します。

NEWS

飛行機の酸素マスクの正しい使い方を知っていますか?

実は、多くの人が間違った酸素マスクの使い方をしています。

なぜなら、突然、機が緊急降下を始めると、頭が真っ白になってしまうからです。

この記事を読むと、酸素マスクが必要な理由と酸素マスクの正しい使い方がわかります。

酸素マスクの正しい使い方を知って、安心安全な空の旅を楽しみましょう。

ホテルが選べてフライトもJAL!格安国内旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)

スポンサーリンク

飛行機に酸素マスクがある理由

飛行機が上昇すると、気圧が下がるので、機内の酸素濃度が低くなり、低酸素症になります。機内には常に酸素ボトルと酸素マスクが搭載されています。

もし上空40,000フィート(12,192m)にいるときに機外と同じ気圧にさらされたら、酸素不足の状態になり、あっという間に意識を失います。

その時間はわずか18秒です。

それを過ぎると意識を失い、脳の損傷や死に至ります。

酸素マスクは、システム障害が原因で、十分な酸素がなくなった時に全員分の酸素マスクが上から落下してきます。

酸素マスクが落下した場合は、すぐに鼻と口を覆ってください。

酸素マスクが作動している間に、パイロットは、機体を急降下させる必要があるんですね。

酸素マスクの作動時間

酸素マスクの作動時間は、12分間です。

減圧が起こった時、飛行機は急降下して正常な状態にしようとします。

その時は、必ずシートベルトを締めて、キャビンアテンダントからの指示を待ちましょう。

酸素マスクのある場所

天井に緊急用の酸素マスクは備え付けられています。
飛行機内で酸素マスクが必要になるのは、何らかの理由でシステム故障などが起こり客室内に十分な酸素が供給されなくなった時です。

減圧や急降下は、いつ起こるかわかりません。

機内の気圧

飛行機の中は、通常の大気圧の75%の気圧に保たれています。

血液内の酸素濃度の低下(低酸素症)で、頭痛やめまい、吐き気や疲労を感じることがあるのは、気圧による酸素の低下が理由と言われています。

酸素マスクの使い方

飛行機の酸素マスクは正しく使わないと命に関わる、即効で

出典:BobbyLaurie/Twitter

サウスウェスト航空1380便に乗っていた乗客が当時の様子をFBに投稿したものです。

乗客たちは緊急事態発生時に上から降りてくる酸素マスクをつけていますが、多くの人が間違った付け方をしています。

酸素マスクは鼻と口を覆う必要があります。

元キャビンアテンダントで司会のボビー・ローリーさんが、ツイッターで注意喚起した画像です。

高度1万5000フィートでは、人間は呼吸困難になり、血液中に十分な酸素がなくなり意識を失ってしまいます。

マスクを引っ張る

マスクをグッと引っ張ると、酸素が流れ始めます。

酸素発生装置が動き始めるので、内部の化学物質を混ざって酸素なので、バッグとチューブに流れ始めます。

自分のマスクを確実に装着する

酸素が薄い状態で人間が意識を保てるのは数秒です。

周りの人を助ける前に自分が率先して酸素を吸いましょう。

キャビンアテンダントも、まず自分自身のマスクをつけてから乗客に指示を出すよう訓練を受けています。

長さをアジャストする

酸素マスクは、紐で、長さを調節することができます。

酸素マスクをしっかりと顔につけて、酸素を十分に吸い込みましょう。

子供の酸素マスク

子供や赤ちゃんがいる場合には、必ず保護者が先にマスクを装着してから、子供に装着するようにしましょう。

赤ちゃんの頭は通路と反対側に向けて、障害物から頭を守ってあげる必要があります。

航空会社の使命

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントは、緊急時に適切な対応ができるように、定期的に訓練を受けています。

訓練することで、緊急時に迅速に対応し、乗客の安全を守ることができ、乗客に正確で分かりやすい情報を提供することができます。

定期的な点検とメンテナンス

飛行機は高度な技術で作られていますが、常に正常に作動しているわけではありません。

定期的な点検とメンテナンスが必要であり、安全面にも大きく関わるので、メンテナンスは準なる基準となり、定期的な点検や部品の交換が行われます。

このようなメンテナンスによって、飛行機の安全性を維持することができています。

新しい技術を導入

飛行機の安全性を向上させるために、最新の航空機には、衝突回避システムや自動操縦機能が搭載されています。

これらの技術の導入によって、安全性を高めているんです。

乗客の協力

飛行機の安全性を高めるためには、乗客の協力が不可欠です。

万が一緊急事態が発生した場合には、力持ちで運動能力が高い人が活躍します。

まとめ

画像検索結果

飛行機の高度が上昇すると、空気の圧力が低下し、酸素濃度も低下するため、酸素酸素マスクの使い方を正しく理解し、適切に対応することで、生命を守ることができます。

飛行機の安全に関する情報は、乗客にもキャビンアテンダントにも重要です。

これからキャビンアテンダントになる人は、酸素マスクを使用する方法を正しく学び、緊急時に適切な対応ができるように訓練に励みましょう。

急な減圧が発生した際には、パニックに陥りやすいため、キャビンアテンダントが冷静に対応し、乗客を落ち着かせる義務があることを忘れないようにしましょう。

404 NOT FOUND – CAセラのブログ
飛行機の中で経験した出来事を書いています。


NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント