キャビンアテンダントの給与について知りたい人必見!日本と外資系航空会社の年収ランキングと手取り額の内訳を解説。

出典:やまとなでしこ NEWS
出典:やまとなでしこ

キャビンアテンダントの給与はどのくらいでしょうか。

キャビンアテンダントの仕事は、華やかで、お給料が高いというイメージを持つ人が多いは多いです。

しかしキャビンアテンダントの給与は、それほど高くはありません。

この記事では、日本のキャビンアテンダントの平均年収が540万円で、月収が37万円、手取り29万円の内訳を説明しています。

この記事を読むと、外資系航空会社の年収ランキングを知ることもできます。

それでは、見ていきましょう!

スポンサーリンク

キャビンアテンダントの給与

キャビンアテンダントの給与は、基本給に加えて各種手当が支給されることが一般的です。

手当には、乗務手当、深夜勤務手当、休日勤務手当、スタンバイ呼出し手当、年末年始手当、日当などがあり、経験年数や職位によっても異なるため、正確な給与額は航空会社によって異なります。

キャビンアテンダントの手当

フライトした時間や、職務内容に応じて各種手当が支給されます。

  • 乗務手当
  • 深夜勤務手当
  • 休日勤務手当
  • スタンバイ呼出し手当
  • 年末年始手当
  • 日当

乗務手当はフライトした時間に応じて支払われ、深夜勤務手当や休日勤務手当はそれぞれの時間帯での勤務に応じて支払われます。

スタンバイ呼出し手当は、指定された時間帯に呼び出された時だけ出ます。

キャビンアテンダントの年収

出典:神田外語学院

2021年の情報によると、日本の航空会社のキャビンアテンダントの平均年収は約450万円〜650万円程度です。

この額には、基本給に加えて各種手当、年2回のボーナスも含まれています。

この額から、税金や社会保険料が引かれるので、手取りは、約280万円〜400万円程度となります。

年収の推移

日本のキャビンアテンダントの年齢別による給与を見ていきましょう。

年齢 平均年収 平均月収  平均年間賞与
20~24歳 約299万円 約21万円 約47万円
25~29歳 約402万円  約24万円  約114万円
30~34歳  約498万円  約29万円  約150万円
35~39歳 約646万円 約38万円 約190万円
40~44歳 約736万円  約42万円  約232万円
45~49歳  約771万円 約44万円  約243万円
50~54歳 約857万円  約48万円  約281万円
55~59歳  約880万円  約49万円  約292万円

キャビンアテンダントは、管理職になると、年収が1000万円を超えます。

それまでは、勤務年数に比例して年収が上がっていきます。

外資系航空会社との比較

日本のキャビンアテンダントの給与について見てきましたが、外資系の航空会社ではどうでしょうか。

1位 エミレーツ航空

ソース画像を表示

出典:Facebook

アラブ首長国連邦のドバイを起点とするエミレーツ航空は、キャビンアテンダントの給与が非常に高いことで知られています。エミレーツ航空は、スカイトラックスワールドエアラインアワードで何度も最優秀航空会社に選ばれており、キャビンアテンダントに対する福利厚生にも力を入れています。

エミレーツ航空のキャビンアテンダントの基本給は月45万円です。

この額に手当が追加するので、キャビンアテンダントは初年度に44万円~55万円、 2年目以降は、64万円~75万円、 5年目は75万円~90万円と高くなっていきます。

昇格してチーフキャビンアテンダントになると毎月85万円~105万円の給与がもらえます。

家賃光熱費は会社が負担し、所得税もありません。そのため、手取りが非常に高くなっています。

2位 シンガポール航空

ソース画像を表示出典:avion-air

シンガポール航空は、キャビンアテンダントのサービスが評判の良い航空会社の一つです。シンガポール航空は、キャビンアテンダントに対しても高い福利厚生を提供しており、給与も非常に高水準です。

シンガポール航空のキャビンアテンダントの基本給は月45万です。

この額に乗務手当や日当、深夜勤務手当が加算されて55万円程度になります。

シンガポールも所得税がないので、手取りが高くなっています。

3位 カタール航空

ソース画像を表示

出典:avion-air

カタールの国営航空会社であるカタール航空も、キャビンアテンダントに対する福利厚生が充実しており、給与も高水準です。カタール航空は、世界中に路線を持ち、豪華な機内サービスで知られています。

カタール航空のキャビンアテンダントの基本給は月43万円です。

この額に乗務手当や日当、深夜勤務手当が加算されるので53万円程度になります。

カタールでも所得税がありません。

4位 KLMオランダ航空

ソース画像を表示

出典:avion-air

KLMオランダ航空は、世界で最も古い航空会社の一つで、キャビンアテンダントに対しても充実した福利厚生を提供しています。

KLMオランダ航空のキャビンアテンダントの基本給は月35万円です。

この額に乗務手当や日当、深夜勤務手当が加算されて45万円程度になります。

オランダは所得税があり、手取りは日本よりも低くなります。

5位 キャセイパシフィック航空

ソース画像を表示

出典:avion-air

香港を拠点とするキャセイパシフィック航空は、アジアを中心に就航している航空会社です。

キャセイパシフィック航空のキャビンアテンダントの給与は、月25万円前後です。

この額に乗務手当や日当、深夜勤務手当が加算されて35万円程度になり、所得税はありません。

また、他の外資系航空会社と同様に、福利厚生が充実しており、家賃補助や健康保険、退職金制度などがあります。

まとめ

キャビンアテンダントは、世界中を飛び回り、たくさんの人との素晴らしい出会いがある貴重な職業の一つです。そして、働く人にとっては飛行機に乗ることが好きな人、サービスに興味がある人、言語を使うことが好きな人など、様々な魅力があります。

しかも、飛ぶ回数が増えるほど収入が増えるという点も、魅力的な点の一つです。日本のキャビンアテンダントの給与は、月額37万円程度であることが一般的ですが、外資系航空会社では月額45万円程度の高収入を得られる場合があります。

しかし、業界全体がコロナ禍で影響を受け、雇用情勢が不安定になっているため、将来性については注意が必要です。ただし、2024年度以降は多くの航空会社が新卒採用、既卒採用を始める予定となっており、新卒の人にとって、そして既卒の人にとってキャビンアテンダントとして働くことができるチャンスです。

キャビンアテンダントの魅力は、世界を旅しながら働くことができること、さまざまな人々と接することができること、高収入を得られる可能性があること、といった点にあります。また、最近ではダイバーシティやインクルージョンにも注目され、多様な背景を持つ人々がキャビンアテンダントとして活躍しています。航空業界が持つグローバルな環境で働くことができるキャビンアテンダントは、国籍や文化を超えた交流を経験し、成長することができる魅力的な職業の一つです。

404 NOT FOUND – CAセラのブログ
飛行機の中で経験した出来事を書いています。
NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント