飛行機の中のショッピングは終わり?機内販売の新しい取り組みと今後の展望を解説します。

NEWS

航空会社の機内販売が変化していく具体的事例を21個紹介しています。新しい取り組みを乗客として楽しみましょう。 – YouTube

この記事は、フィンエアーの機内販売終了のニュースの影響が与える日本の航空会社の未来を具体的に説明しています。

この記事を読むと、時代の進化とともに変化し続ける航空会社のサービス内容がわかります。

スポンサーリンク

今後の機内販売

消費者がオンラインで購入する時代となり、航空会社の機内販売は、時代とともに進化し始めました。

機内の座席シートポケットにあった機内販売カタログはなくなり、座席からアプリを通じて商品を購入する形に変わりました。

機内でキャビンアテンダントに直接、声をかけて、対面の購入も可能です。機内には、葉書サイズのカタログが用意されています。

機内販売は、欧州線で1往復100万円以上売り上げがある時や、1年間で100億円近い収益になることもあると言われ、日本の航空会社にとって、大きな収入源となっています。

そのため、在庫管理等、コストカットのために機内販売を終了したフィンエアーと違って、今後は、テクノロジーの活用や持続可能性への取り組み、SDGs、ダイバーシティなど、多岐にわたる用途を通じて、乗客にとっての価値を高める努力をする必要があります。

これからも、航空会社の機内販売は、乗客の旅をより豊かに、そして持続可能にするための新しい取り組みを続けていくことでしょう。

テクノロジーの活用

近年、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)技術が進化しています。

一部の航空会社は、これらの技術を活用して、乗客に商品を仮想的に体験させるサービスを導入し始めています。

例えば、アクセサリーや時計を仮想的に試着することができるアプリケーなどが考えられ、デジタルトランスフォーメーションは、航空会社の機内販売に革命をもたらすでしょう。

これらの技術的進歩は、乗客のショッピング体験をより豊かでエンゲージングなものに変え、航空業界は、これらの新しい技術を取り入れることで、乗客との関係を強化し、持続的な成長を追求していくことが求められます。

AIと機内販売

人工知能を活用した商品推薦システムが導入されることで、乗客の過去の購入履歴や興味を基に、最も適した商品を提案することができ、パーソナライズされたショッピング体験を提供していくことが可能です。

データ駆動のパーソナライゼーションによって、ビッグデータとAIを活用し、乗客の購買履歴や興味を分析し、それに基づいてパーソナライズされた商品提案やプロモーションを行っていくことができます。

バーチャルリアルティーショッピング

VR技術を活用して、乗客が仮想空間内で商品を試す、あるいはその使用感を体験することが可能になり、商品の購入を決定する前に、より具体的なイメージを持つことができます。

バーチャルリアルティの旅行体験もできます。VR技術を活用して、実際の旅行先の体験や、商品の使用シーンを仮想的に体験できるサービスが提供されていきます。

バイオメトリクスを活用したショッピング

顔認識や指紋認証などのバイオメトリクス技術を活用して、乗客のショッピング体験をより迅速かつ安全にする取り組みが進められていきます。

インタラクティブな商品体験

ARやホログラム技術を活用して、商品の3Dイメージや動画を表示し、よりインタラクティブな商品体験を提供する動きが加速しています。

ブロックチェーンと透明性

ブロックチェーン技術を活用して、商品の供給チェーンを追跡し、その情報を乗客に提供する取り組みが可能で、商品の品質や生産背景に対する透明性が高まり、消費者の信頼を獲得していくことができます。

ゲーミフィケーション

購入プロセスにゲームの要素を取り入れることで、乗客のエンゲージメントを高める試みが行われていき、特定の商品を購入するとゲームで利用できるポイントを獲得できるなど楽しみが増えるかもしれません。

スマートサプライチェーン

IoT(インターネット・オブ・シングス)を活用したスマートサプライチェーンが導入され、商品の在庫管理や供給速度が最適化し、無駄の削減と効率の向上が図られていきます。

3Dプリンティングとカスタマイズ

3Dプリンティング技術を活用して、乗客が希望するデザインやメッセージを商品に追加するカスタマイズサービスが提供されるようになっていきます。

AIアシスタントの活用

AIアシスタントを活用して、乗客の質問にリアルタイムで答えたり、商品の提案を行ったりするサービスが増加することが予想されます。

デジタルセキュリティ

デジタル技術の導入に伴い、データのセキュリティやプライバシーの保護が重要な課題となっています。

航空会社は、最新のセキュリティ技術を導入し、乗客の情報を保護しなければなりません。

今のように乗客の情報をそのフライトの全員が共有できるシステムは危険です。

ドローン配送の導入

一部の航空会社は、機内での購入商品を目的地のホテルや自宅にドローンで直接配送するサービスの導入を検討しています。

デジタル決済の普及

キャッシュレス決済が主流となり、さらには暗号通貨を使用した決済も増加していることを利用して、乗客の購入プロセスがより迅速かつ安全になっていきます。

持続可能性への取り組み

環境問題への対応として、多くの航空会社がエコフレンドリーな商品の取り扱いを増やしています。

再利用可能なアイテムや、持続可能な素材で作られた商品など、環境に優しい選択肢が増えてきています。

廃棄される制服を使ったカバンや御朱印帳入れは、その例と言えるでしょう。

航空会社の機内販売は、サステナビリティとエコロジカルイニシアティブを中心に、新しい方向性を模索しています。

これらの取り組みは、地球の未来を守るための責任を果たすとともに、乗客の信頼とロイヤリティを獲得するための重要なステップとなっています。

環境への取り組み

再利用やリサイクル可能な材料を使用した商品、または環境保護団体とのパートナーシップによる商品の販売を通じて、航空会社は環境保護のメッセージを伝えています。

サステナブルパッケージング

環境への影響を最小限に抑えるため、バイオディグレーダブルやリサイクル可能な材料で作られたパッケージングが採用され、廃棄物の削減と環境保護への取り組みが強化されています。

持続可能な製品ライン

環境問題への対応として、航空会社は完全に持続可能な製品ラインを導入する動きを強化しています。

再生可能な資源から作られた商品や、ゼロウェイストを目指した製品が含まれます。

サステナビリティの課題

持続可能な製品の提供は、製造コストや供給チェーンの複雑さを増加させる可能性があります。

航空会社は、これらの課題を克服するための効率的なサプライチェーン管理やコスト削減の取り組みを進めています。

在庫管理の課題

機内の限られたスペース内での在庫管理は、効率的な商品の供給や廃棄物の削減の観点から課題となっています。

航空会社は、スマート技術やデータ分析を活用して、在庫管理の最適化を図り、スペースの無駄使いを削減することができます。

サステナビリティの先駆者としての役割

航空会社は、持続可能な製品やサービスの提供を通じて、サステナビリティの先駆者としての役割を強化していくことが期待されています。

サステナビリティの業界標準

最近は、持続可能な製品の取り扱いが、単なるオプションではなく、業界標準として確立されつつあります。

航空会社間での共通のサステナビリティ基準の設定や認証プロセスの導入が進められていくことが予想されます。

地域との連携

地元の職人やブランドとのコラボレーションによる限定商品も増えてきています。

JAL(日本航空)では、地元をアピールするためにキャビンアテンダントが、移住し働き、アンバサダーとして、多くのキャビンアテンダントとして活躍しています。

これにより、乗客はその地域ならではの特色や文化を感じることができ、地域経済の活性化にも寄与しています。

地域産品の取り扱い

航空会社は、特定の地域や国の伝統的な製品や手工芸品を取り扱うことで、地域社会の経済をサポートすることが可能です。

これにより、乗客はその地域の文化や伝統を深く知ることができ、地域社会は新しい市場や収入源を得ることができます。

ローカルサプライヤーの活用

地域のサプライヤーとの連携を強化することで、輸送に伴う炭酸ガス排出を削減し、地域経済のサポートを行っています。

フィードバックの活用

航空会社は、乗客からのフィードバックを大切にしています。

以前は、機内に乗客のコメントを書き込むカードがありましたが、現在はホームページや、搭乗者へのメールによって、サービスの質をアンケートするシステムに変化しました。

アンケートやSNSを通じて収集された意見は、新商品の開発やサービスの改善に役立てられています。

公益活動との連携

一部の商品の売上の一部を公益活動や慈善団体に寄付する取り組みも増えてきています。

これにより、乗客は購入を通じて社会貢献をすることができます。

ユニセフへの募金は長く続いていました。

アクセシビリティの向上

高齢者や障害を持つ乗客のための特別な商品やサービスも提供されています。

これにより、すべての乗客が機内販売を楽しむことができるようになっていくでしょう。

ライブストリーミングとインフルエンサー

人気のインフルエンサーやキャビンアテンダントが、ライブストリーミングを通じて商品を紹介するセッションを行うことで、リアルタイムのQ&Aや商品のデモンストレーションを提供していくことができます。

個人にSNS発信を禁止している日本の航空会社では取り入れが難しいかもしれません。

リアルタイムフィードバック

デジタルインターフェースを通じて、乗客からのリアルタイムなフィードバックを収集し、サービスの改善や新商品の提案に活用しています。

顧客エンゲージメントの維持

乗客の関心を維持し、リピート購入を促進するための取り組みが必要です。

航空会社は、限定商品やプロモーション、ロイヤルティプログラムの強化など、顧客エンゲージメントを高めるための戦略を採用しています。

アフターサービスの向上

商品の返品や交換、アフターケアサービスの提供が、機内販売の新たな標準として確立されることが期待されています。

機内販売の新しい取り組み

航空会社の機内販売は、単なる商品の提供を超えて、乗客のライフスタイルや価値観に合わせた多様な取り組みを進めています。

これらの新しい動きは、航空業界の持続的な成長とともに、乗客の旅の体験をより豊かにするものとなっています。

今後も、航空会社は乗客のニーズを先取りし、機内販売を通じて新しい価値を提供し続けることでしょう。

健康とウェルネス

健康志向が高まる中、航空会社は健康とウェルネスに焦点を当てた商品の取り扱いを増やしています。

例えば、エコフレンドリーなマテリアルで作られたリラクゼーショングッズや、オーガニックスキンケア製品などが取り扱われるようになっています。

カスタマイズ体験

乗客の個別のニーズに応えるため、カスタマイズ可能な商品やサービスが増えてきています。

例えば、名前やメッセージを刻印できるアクセサリーや、好みに合わせてブレンドできるフレグランスなどが提供されています。

エンターテインメントとのコラボ

映画や音楽、ゲーム産業とのコラボレーションによる限定商品も増加中です。

人気キャラクターやアーティストとのコラボ商品は、特に若い世代の乗客からの注目を集めています。

テクノロジーとの結合

スマートテクノロジーを取り入れた商品、例えば、スマートウォッチやヘッドセットなどの最新のガジェットも機内販売のラインナップに加わっています。

教育と啓発

子供向けの教育キットや、環境保護に関する啓発グッズなど、教育的価値を持つ商品も取り扱われるようになっています。

機内販売の顧客体験とブランドロイヤルティの強化

オムニチャネルアプローチ

航空会社は、機内、オンライン、空港ラウンジなど、さまざまな接点でのショッピング体験を一貫して提供するオムニチャネルアプローチを採用する予定です。

これにより、乗客はどの場面でも同じ質のサービスを受けることができます。

ロイヤルティプログラムの統合

機内販売の購入によるポイントやリワードを、航空会社のロイヤルティプログラムに統合することで、乗客のブランドロイヤルティを強化していくことが可能です。

限定版とコラボレーション

人気ブランドやデザイナーとの限定コラボレーション商品を提供することで、機内販売の魅力を一層高めています。

倫理的調達の強化

商品の供給チェーンにおける透明性が求められる中、倫理的に調達された商品の取り扱いが増加しており、乗客はより意識的な購入選択を行うことができます。

コラボレーションの新たな形

従来のブランドやデザイナーとのコラボレーションに加え、乗客やクリエイターコミュニティとの共同開発やクラウドソーシングを活用した商品開発が進められるでしょう。

多様なニーズへの対応

世界中からの乗客が集まる航空業界では、文化や価値観の違いに対応することが求められます。

航空会社は、多様なニーズに対応するための商品ラインナップやサービスを提供する必要があります。

最後に

航空会社の機内販売は、顧客体験の向上とブランドロイヤルティの強化を目指して、絶えず進化し、革新的な取り組みは、乗客の期待を超えるサービスになり、長期的な関係を築くための基盤となっていきます。

機内販売は、多くの課題に直面していますが、航空会社は、これらの課題を克服するための革新的な取り組みを進め、未来志向のサービスを提供し続ける必要があります。

先進的な取り組みは、乗客のショッピング体験を根本的に変える可能性を秘めています。

飛行機の手荷物について、機内持ち込みできる手荷物、制限される手荷物、禁止品、貨物室に預けることができる荷物、できない荷物を紹介します。 (cabinattendant.blog)

キャビンアテンダントの多くが使用している化粧水は、SK2なのをご存じですか。

少しお高いですが、SK2は決してあなたを裏切りません。

90%以上天然成分SK-IIピテラTMでできたエッセンスは、肌荒れを防いで、肌本来の働きを整えるトリートメント効果の高い化粧水なので、うるおいあふれるクリアな肌へ導いてくれます。

ピテラとは、特別な酵母の株から、独自のプロセスで発酵させ生み出した、SK-IIだけの天然由来成分で、肌がうるおい、乾燥や毛穴に効果があり、透明感のある肌状態に導きます。

また、毛穴目立ち、キメ、乾燥、くすみ、小じわなどを整え、ハリ不足や乾燥による小じわに効果があります。

メラニンの生成をおさえて、シミ・ソバカスを防ぎ、夏の紫外線やエアコン使用などによっておこる、乾燥、乾燥によるくすみ・小じわ、キメの乱れを整えてくれます。

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント