全日空(ANA)のキャビンアテンダント制服の歴史と評判について、時代の変化と共に進化するスタイルを紹介します。

出典:ANA NEWS
出典:ANA

この記事は、全日空(ANA)の顔とも言えるキャビンアテンダントの制服について書いています。

この記事を読むと、ANAの制服が、会社のイメージを形作る重要な要素であり、デザインと機能性で高く評価されていることがわかります。

ANAのキャビンアテンダント制服の歴史、評判、そしてJAL(日本航空)との比較について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ANAの歴史と受賞歴

  • 1952年に設立。
  • 国内線、国際線を運行する日本を代表する航空会社である。
  • 「スカイトラックス」で数回にわたり、ベストエアライン賞を受賞。

ANAとJALとの違い

  • JALは1951年設立。
  • 最近、JALは日本文化を重視する傾向にあり、ANAは国際性を重視している。
  • JALはクラシック、ANAはモダンな制服と評判がある。

JAL顔

清潔感があり、上品で、面長でシャープな顔。

ANA顔

目がぱっちりとしていて親しみやすく、元気な印象を与える可愛らしい顔。

制服の歴史

160303_0599_ana_rjaa-640

出典:ANA

初代制服(1952年代〜)

初代の制服は「頼りになる女性」を表現 全日本空輸(ANA):イザ!

  • 帽子がおしゃれで、水色の鮮やかなブルー。
  • 米空軍をイメージした開襟シャツは、当時の航空の冒険心を反映している。
  • 当時はキャビンアテンダントはたった6名だった。

2代目制服(1958年〜1966年)

「エレガントな女性らしさ」の2代目 ウエスト絞り、スカートはタイトに 全日本空輸(ANA):イザ!

 

  • 落ち着いた青で生地さらっとしていてシンプル。
  • ベレー帽は個性的で、夏はシャツだけでOKだった。

3代目制服(1966年〜1970年)

  • シックな色合いで、プロフェッショナリズムを強調。
  • 薄いブルーと「モヒカンブルー」

モヒカンブルーという言葉は、飛行機がモヒカンに似ていることが由来だそうです。

 

 

4代目制服(1970年~1974年)

  • 1970年の大阪万博とともに、国際化とファッションの自由化が進んだ。
  • 黄色と茶色のワンピース。
  • ミニスカートは当時の流行を反映していた。

5代目制服(1974年~1979年)

  • 1974年に採用された機体名にちなみ「トライスタールック」と呼ばれ、ブルー、ベージュ、オレンジの3色のバリエーションがあり、パンタロンの採用が話題になった。
  • パンツスタイルの制服はこの5代目のみ。
  • 伊藤 達世氏によるデザイン。
  • スカートは、フレアスタイルで多様なスタイルを受け入れ始めたと言われている。
  • ベルトがポイントでスタイルが良く見える。

6代目制服(1979年~1982年)

 

  • B747就航に合わせてカジュアルな色使い
  • 500名乗りの飛行機で標準設定
  • 大型機の就航とともに、より多くの乗客を受け入れる必要があり、機能性が重視され、カジュアルな色使いは意外で新鮮だった

7代目制服(1982年~1990年)

全日空 制服 昔 に対する画像結果

  • 紺色の制服に、初めてスカーフが採用され始めた。
  • 創立30周年を記念して一新した。
  • 濃紺のダブルスーツで、スカーフがエレガントで、全体の印象が高級に見えた。

8代目制服(1990年~2005年)

サイズ ANA ブラウス スカーフの通販 by E's shop|ラクマ 全日空 CA 制服 パープル カテゴリ

  • テレビドラマで有名になったストライプの制服。
  • バブリーな肩パットは時代を映している。
  • マニッシュなストライプのスーツで、スカーフとシャツは、ピンク・青・緑からその日の気分によって自由に選択できた。

バブル経済の影響で、豪華で派手なスタイルが流行していたそうです。

9代目制服(2005年~2015年)

Pin on All Nippon Airways / 全日本空輸

  • 紫と青の2色スカーフで、乗客の意見を参考に作られた。
  • ポケットチーフが特徴的。

10代目制服(2015年~現行)

  • 初の外国人デザイナーでスカートとジャケットの背面に青のラインが入っている。
  • シャツはピンク、ブルーの柄、ブルーと3種類あり、その日の気分で選択ができる。

今後は

  • エコ素材を使用。
  • 機能性とデザインのバランス。
  • 時代背景:サステナビリティと快適性が求められる。
  • 働きやすさ、動きやすさ。

まとめ

羽生結弦、ANAの新制服デザインに共感 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ANAのキャビンアテンダント制服は、時代のニーズと共に進化してきました。

そのたびに、乗客やキャビンアテンダントから高い評価を受けています。

これからもその進化が続くことでしょう。

画像出典:ANA 

キャビンアテンダントの多くが使用している化粧水は、SK2なのをご存じですか。

少しお高いですが、SK2は決してあなたを裏切りません。

90%以上天然成分SK-IIピテラTMでできたエッセンスは、肌荒れを防いで、肌本来の働きを整えるトリートメント効果の高い化粧水なので、うるおいあふれるクリアな肌へ導いてくれます。

ピテラとは、特別な酵母の株から、独自のプロセスで発酵させ生み出した、SK-IIだけの天然由来成分で、肌がうるおい、乾燥や毛穴に効果があり、透明感のある肌状態に導きます。

また、毛穴目立ち、キメ、乾燥、くすみ、小じわなどを整え、ハリ不足や乾燥による小じわに効果があります。

メラニンの生成をおさえて、シミ・ソバカスを防ぎ、夏の紫外線やエアコン使用などによっておこる、乾燥、乾燥によるくすみ・小じわ、キメの乱れを整えてくれます。

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント