キャビンアテンダントとグランドスタッフの給料を比較!違いは乗務手当だった。

NEWS

キャビンアテンダントとグランドスタッフの給与の違いと職務の違いを調査。 – YouTube

この記事は、客室乗務員(キャビンアテンダント)と地上職員(グランドスタッフ)の給料の違いを説明しています。

この記事を読むと、キャビンアテンダントとグランドスタッフの給与の違いが手当に関係していることがわかります。

スポンサーリンク

飛行機の中で働く客室乗務員(キャビンアテンダント)と、空港の中で働く地上係員(グランドスタッフ)とは

同じ航空会社でも、この2つの職業は仕事内容も給与もかなり違います。

航空業界は、毎日数多くの旅行者を目的地へ安全に運ぶ責任を担っているので、客室乗務員と地上係員という2つの職種はとても重要な存在です。

年収、手当、そして求められる能力に焦点を当てて比較していきます。

客室乗務員 (キャビンアテンダント)

搭乗前チェック

機内の安全機器のチェックや清掃、備品の補充を行います。

搭乗・離陸アシスタンス

お客様の搭乗・離陸時のアシスタンスを提供し、安全説明を行います。

機内サービス

飲食の提供や、お客様からの質問に答えるなど、機内でのサービスを提供します。

緊急時対応

緊急時には適切な対応をとり、お客様の安全を確保します。

地上係員 (グランドスタッフ)

チェックイン対応

お客様のチェックイン手続きを行い、搭乗券を発行します。

荷物対応

荷物の預かりや返却を行い、必要に応じて荷物のトラブル対応を行います。

フライト情報提供

フライトの遅延やキャンセル情報をお客様に提供し、代替のフライトの手配を行います。

エアポートサービス

空港内での案内や、お客様からの質問に答えるなど、エアポートサービスを提供します。

キャビンアテンダントとグランドスタッフの給与

2つの職種の給与の違いはキャビンアテンダントに多い手当の額の差です。

キャビンアテンダントの給与

平均年収は495万円前後

客室乗務員の平均年収については、厚生労働省が2019年に発表した「賃金構造基本統計調査」の結果が参考にしています。

この調査によれば、「航空機客室乗務員」の平均月給は34万800円で、年間の平均ボーナスは86万9,500円となっています。

平均月給の12カ月分にボーナスの金額を足すと、平均年収は495万9,100円と算出できます。

グランドスタッフの給与

平均年収は365万円程度

「平均年収.jp」のデータを参考にしました。

平均年収.jpによれば、グランドスタッフの平均年収は365万円で、320万〜410万円の人が多いのです。

客室乗務員(キャビンアテンダント)の手当

乗務(フライト)手当

客室乗務員は飛行する時間に合わせて乗務手当を受け取ります。

深夜早朝勤務手当

深夜勤務に対して追加の手当が支払われます

休日勤務手当

休日に勤務する場合、通常の日給に加えて手当が支払われます。

宿泊手当

パーディアムといって宿泊中の食事代などが支払われます。

キャビンアテンダントとグランドスタッフの能力と適性

共通の能力

英語の能力は極めて重要で、特に国際線を運航する航空会社では、TOEICのスコアが550〜600点以上が求められます。

例えば、ANAやJALでは、国際線の乗務にあたっては英語のコミュニケーション能力が重要視され、TOEICのスコアが一定の基準を満たすことが求められています。

客室乗務員の求められる能力

プロフェッショナルな態度と良好なコミュニケーション能力

客室乗務員は、乗客と直接対面するため、礼儀正しさや友好的なコミュニケーション能力が求められます。例えば、乗客が飛行機の遅延や欠航に対して不満を表明した際には、プロフェッショナルに対応し、適切な情報を提供する能力が重要です。

身長や視力の基準

身長の基準は、頭上の手荷物入れに手が届くかどうかを確認するために設けられています。また、視力は安全確保のために重要であり、例えば、日本の航空会社では視力が1.0以上であることが求められることがあります。

地上係員の求められる能力

トラブル対応能力

地上係員は、チェックインカウンターや搭乗ゲートで乗客のトラブルを解決する能力が求められます。例えば、乗客がチケットを失くした場合や、フライトの遅延・キャンセルが発生した際には、冷静に対応し、適切な情報提供や代替案を提案する能力が必要です。

体力

地上係員は、重い荷物の取り扱いや長時間立ち仕事をすることが求められるため、良好な体力が必要です。また、緊急時には迅速に行動する体力が求められることもあります。

最後に

航空業界は、多くの異なる職種が連携し合って、毎日数多くの旅行者を目的地へ安全に運ぶ重要な役割を果たしています。

この記事では、航空業界の中で特に重要な2つの職種、客室乗務員と地上係員に焦点を当て、年収、手当、そして求められる能力について比較しました。

客室乗務員の平均年収は約495万円で、一方で地上係員の平均年収は約365万円であることがわかりました。この年収の差は主に、客室乗務員が受け取るさまざまな手当に起因しています。これらの手当は、飛行手当や夜勤手当、休日勤務手当など、客室乗務員の職務の特性に基づいて支給されています。

また、両職種とも英語の能力は重要であり、特に国際線を運航する航空会社では、高い英語のコミュニケーション能力が求められることがわかりました。そして、客室乗務員と地上係員は、それぞれ異なる能力と適性が求められることも明らかになりました。

航空業界は乗客の命を預かる重要な業界であり、客室乗務員と地上係員はそれぞれが異なる役割を担いながら、安全かつ効率的な運航を実現するために協力し合っています。

キャビンアテンダントの給与について知りたい人必見!日本と外資系航空会社の年収ランキングと手取り額の内訳を解説。 (cabinattendant.blog)

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント