飛行機に乗るときに知っておきたい!インボイス制度とは

出典:JAL HP NEWS
出典:JAL HP

飛行機に乗るときに知っておきたい!インボイス制度とは。 – YouTube

この記事は、飛行機のチケットを買う時に、インボイス制度があることで、利用者にはどんなメリットとデメリットがあるかを説明しています。

日本航空(JAL)や全日空(ANA)という、日本の大きな航空会社は、このインボイス制度に合わせて、最新の情報を提供してくれていることがわかります。

スポンサーリンク

インボイス制度とは

インボイス制度は、税金の明細を明確にするための仕組みで、企業や個人事業主が自身の税務を正確に計算し、報告するために使用されます。

インボイスには購入した商品やサービスに対する税金の情報が詳細に記載されています。

チケットをオンラインで買う時

JALやANAのウェブサイトでチケットを買うとき、ログインして、自分の情報を入れると、後でインボイス(税金の明細書)をもらうことができるので、税金を計算するときに、すぐに活用できます。

空港でチケットを買うとき

空港でチケットを買うときも、インボイスをもらうことができるので、インボイスをもらうためには、自分の名前や住所などの情報を伝えましょう。

電子レシート

JALやANAは、電子レシートを提供してくれます。

紙のレシートをなくさないようにする必要がありPCで管理できます。

明細書には飛行機の運賃や旅客保安サービス料だけでなく、空港利用料、空港の警備費用、国際観光旅客税など多くの情報がのっています。

空港ごとに異なる額が設定されている場合があるので航空会社のHPなどで確認しましょう。

税金を戻してもらう

企業や個人事業主の人は、インボイスがあれば、税金を戻してもらうことができる場合があります。

飛行機に乗る時に、インボイスをもらうことで、後で税金の計算が楽になります。

インボイス制度を導入するのにかかった費用

航空会社がインボイス制度の課題に対処するために具体的に行ったことは、システムのアップグレードや新しいプロセスの導入、スタッフのトレーニングなどで、大手航空会社では、数百万から数千万円の経費がかかりました。

インボイス制度のメリット・デメリット

メリット

金融取引の透明性が向上し、正確な税務計算が可能となります。

デメリット

管理コストの増加: 新しい制度の導入と管理に関連するコストが増加し、 税務処理が複雑になり、追加のトレーニングと知識が必要となります。

 

インボイス制度の導入に反対する人々

複雑さ

インボイス制度は、特に小規模企業や個人事業主にとっては、税務処理の複雑さを増加させる可能性があります。新しいルールと手続きに対応するために、追加の時間と労力が必要となる場合があります。

コスト増

インボイス制度の導入には、新しい会計ソフトウェアの導入や税務の専門家に依頼することでコストが増加する可能性があります。これは、特に予算が限られている小規模企業にとっては負担となる可能性があります。

プライバシーの懸念

インボイス制度は、ビジネス取引の詳細をより透明にすることを求めるため、個人や企業のプライバシーに関する懸念を引き起こす可能性があります。

技術的な課題

一部の企業や個人事業主は、新しいインボイス制度に対応するための技術的な能力やリソースを持っていない場合があり、これが制度の導入に対する障壁となる可能性があります。

適切な教育と情報提供の欠如

インボイス制度の導入に伴う教育や情報提供が不十分であると感じる企業や個人事業主もいるかもしれません。これは、制度に対する理解を深めることを困難にし、対応する意欲を低下させる可能性があります。

実施のタイミング

経済状況や他の法制度の変更と同時にインボイス制度が導入される場合、企業や個人事業主にとっては対応が困難になる可能性があります。

最後に

これらの理由から、インボイス制度の導入に反対する声があるものの、制度の目的は税務の透明性を向上させ、税収の正確な計算と集めを支援することであり、多くの国で採用されています。

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント