キャビンアテンダントのメイクアップ、長時間キープするメイクとスキンケアの秘訣を紹介します。

NEWS

この記事は、長時間働くキャビンアテンダントのメイクとスキンケアの秘訣を書いています。

この記事を読むと、長時間のフライトでも長持ちして、相手に好印象を与えることができるメイクアップのやり方がわかります。

スポンサーリンク

メイクの基本は長持ちすること

メイクにかかる時間は人それぞれですが、一般的にキャビンアテンダントは20分~40分程度で整えています。

髪の毛もセットする必要があるので手早く準備できることが大事です。

健康と美容について

健康的な印象は、お客様からの安心感や信頼感も高まります。

明るい色のメイクがおすすめです。

化粧品の色は暗い機内で映える明るい色

ピンク系やオレンジ系の色が健康的に見えます。

機内は暗いので、少し濃いめの色を選ぶことがポイントですが派手にならないよう気を付けましょう。

アイメイク

優しい印象を与える必要があるので、アイラインは強すぎると強い印象になるので控えています。

目元も口元も控えめにして、つけまつげやカラーコンタクトは禁止されているので、ナチュラルな目元を心掛けています。

リップとチーク

リップとチークで表情が明るくなるように心がけています。

特にチークは、血色感を出すことで健康的な印象を与えてくれます。

 スキンケア

機内は湿度が10%~20%と、非常に乾燥しているので、化粧水ミストで保水することをお勧めします。

外からの紫外線も浴びるので、機内では必ず日焼け止めを塗りましょう。

また、海外は日差しが強いので日焼け止め、帽子、サングラスは必須で、保湿パックを持ち歩くとスキンケアに差がでます。

長時間のフライトではメイクが崩れにくいウォータープルーフのマスカラや、長持ちするリップスティックが良いでしょう。

ヘアスタイル

一番大切なのは、清潔感です。

お辞儀をしたときに前髪が顔にかからないように、しっかりと髪をまとめる必要があるので髪型は、シニヨンか夜会巻き、ショートカットが主流です。

まとめない場合は、制服の襟に髪の毛がつかない長さであることが大切です。

食品を扱う仕事なので、髪型は重要です。

アクセサリーとその他の規定

華美なアクセサリーは禁止されており、爪は2ミリメートル以内、パールのイヤリングは6ミリメートル以下が規定です。

腕時計は秒針があるものを選び、脈拍を計る時があるからです。

 

Q&A: よくある質問とその回答

Q: 機内でのメイク直しはどうすればいいですか?

A: 機内でのメイク直しは、お客様と同じトイレで行います。ブロッティングペーパーとフェイスミスト、そしてコンパクトパウダーを使って軽く行うのがおすすめです。

Q: 長時間のフライトで肌が乾燥する場合、どう対処すればいいですか?

A: 機内で使えるフェイスミストと、乾燥を防ぐ保湿クリームを持参しましょう。

Q: アクセサリーはどうすればいいですか?

A: 華美なアクセサリーは禁止されているので控えましょう。

最後に

キャビンアテンダントとして働く上で、美容は非常に重要な要素の一つですが、ただ美しいだけでなく、その美しさを長時間キープすることと、お客様に安心感を与えるプロフェッショナリズムが必要です。

この記事が、美容だけでなく、お客様に安心と信頼を提供するプロフェッショナルなキャビンアテンダントになることに役立てれば嬉しいです。

キャビンアテンダントの髪型を紹介します。新人はシニヨンかショート、先輩は夜会巻き(フレンチロール)って本当? (cabinattendant.blog)

キャビンアテンダントの多くが使用している化粧水は、SK2なのをご存じですか。

少しお高いですが、SK2は決してあなたを裏切りません。

90%以上天然成分SK-IIピテラTMでできたエッセンスは、肌荒れを防いで、肌本来の働きを整えるトリートメント効果の高い化粧水なので、うるおいあふれるクリアな肌へ導いてくれます。

ピテラとは、特別な酵母の株から、独自のプロセスで発酵させ生み出した、SK-IIだけの天然由来成分で、肌がうるおい、乾燥や毛穴に効果があり、透明感のある肌状態に導きます。

また、毛穴目立ち、キメ、乾燥、くすみ、小じわなどを整え、ハリ不足や乾燥による小じわ

に効果があります。

メラニンの生成をおさえて、シミ・ソバカスを防ぎ、夏の紫外線やエアコン使用などによっておこる、乾燥、乾燥によるくすみ・小じわ、キメの乱れを整えてくれます。

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント