飛行機の手荷物について、機内持ち込みできる手荷物、制限される手荷物、禁止品、貨物室に預けることができる荷物、できない荷物を紹介します。

NEWS

この時期は、飛行機に乗る時に一緒に運ぶ手荷物について、機内持ち込みできる手荷物、制限される手荷物、禁止品、または貨物室に預けることができる荷物、できない荷物を紹介します。

意外な手荷物が、制限されていることがわかると思います。

安全のための知識を深めていきましょう。

スポンサーリンク

はじめに

飛行機に乗る際の手荷物に関する知識は特に重要です。

意外と知られていない制限や禁止品があるため、安全のための知識を深めていきましょう。

機内持ち込みの制限品と禁止品

制限品

液体

国際線では100ml以下の容器に入れた液体を透明なビニール袋に収める必要があり、1人1つのビニール袋のみが許可されます。ゼリー、歯磨き粉、目薬もこの制限の対象となりますが、ベビーミルクやベビーフードは例外として許可されています。

 電子機器

携帯型扇風機、ワイヤレスイヤホン、モバイルバッテリー(条件あり)は許可されていますが、電子タバコ、加湿器、ヘアアイロンの使用は禁止です。

 その他

刃物、バット、ゴルフクラブは禁止ですが、傘は許可されています。

禁止品

爆発物、火薬、毒物、感染症の原因物質、酸やアルカリなどの腐食性物質。

貨物室の制限品と禁止品

制限品

電子機器

予備のリチウム電池や一部のバッテリーは禁止で、。ワイヤレスイヤホンやモバイルバッテリー(条件あり)の預入れも禁止です。

アルコール

一定の濃度や量を超えるものは禁止です。

禁止品

圧縮ガス、液化ガス、放射性物質、強力な磁石、磁性物質、クラッカーや花火、加熱式のお弁当、瞬間冷却材、燃えやすいもの。

なぜ制限や禁止があるのか

安全確保

高度数万フィートでの飛行中の事故やトラブルは非常に危険です。

テロ対策

2001年の9/11以降、テロの危険性が高まり、武器や武器に使える物品の持ち込みが厳しく制限されています。

乗客の快適さ

他の乗客に迷惑や不快感を与える物品の持ち込みは制限されています。

各航空会社のルールの違い

基本ガイドライン

ICAOやIATAのガイドラインに基づいています。

地域や国の法律・規制

各国や地域の法律、文化、宗教に基づく制限や禁止があります。

航空会社の独自のポリシー

航空会社のサービス方針や過去の経験、顧客のフィードバックに基づく独自のポリシーがあります。

旅行の安全と快適さのために、これらのルールを理解し、遵守しましょう。

よくある質問: 飛行機の手荷物に関するQ&A

液体の制限はどうしてあるのか?

液体の制限は、航空機の安全を確保するために設けられています。

液体爆発物を持ち込むリスクを最小限にするため、特定の量や容器に制限がかけられています。

電子タバコは機内で使っても良いのか?

一般的に、電子タバコの使用は機内で禁止されています。

これは、電子タバコからの蒸気が他の乗客に不快感を与える可能性や、機器の使用による火災のリスクを避けるためです。

子供の食品や薬はどうすれば良いのか?

子供の食品や必要な薬は、機内に持ち込むことが許可されていることが多いです。

ただし、液体の制限に関しては例外として扱われる場合がありますが、

セキュリティチェック時には開封して内容を確認してもらう必要があることがあります。

出発前に航空会社の持ち込みルールを確認し、必要であれば医師の診断書などの資料を準備しておくと良いでしょう。

それぞれの航空会社や空港によって、具体的なルールや取り扱いが異なる場合がありますので、事前に確認することをおすすめします。

旅行者の体験談: 持ち込み制限に関するエピソード

化粧品没収

お気に入りの化粧品を大量に購入し、ハワイへ行こうと空港に着いたら、空港のセキュリティチェックで、100ml以上の液体を透明なビニール袋に入れるルールを知らされ、数万円分の化粧品を空港のゴミ箱に捨てた女性がいます。

割れたワインボトル

フランスの地元のワイナリーで見つけた貴重なワインを購入した男性が、機内持ち込みの制限を避けるために貨物室へ預けたところ、ターンテーブルで見つけた自分のスーツケースから赤い液体が漏れていて、開けると割れたワインが散乱していました。

子供のおもちゃ没収

家族での海外旅行へ出かけようとしたら、子どものおもちゃの鉄砲が、セキュリティチェックで、それがリアルすぎると判断され、一時的に没収されました。

世界各国の持ち込み制限: 驚きのルールとその背景

アメリカ: シューズを脱ぐ理由

アメリカの空港セキュリティは世界でも特に厳格です。

初めてのアメリカ旅行者は驚くかもしれませんが、セキュリティチェック時にシューズを脱ぐのが一般的です。

これは、2001年に発生した「シューウォンバー事件」を受けての措置で、ある男が爆発物を靴の中に隠して機内に持ち込もうとした事件が背景にあります。

アメリカでは、安全第一のためにこのような厳格なチェックが行われています。

中東: 文化と宗教が生む特別なルール

中東の国々では、宗教や文化の影響から、特定の物品の持ち込みが厳しく制限されていて、アルコールやポルノ、宗教的なアイテムや文献に関する制限がある国もあります。

アジア諸国: 食の王国の意外な制限

アジアは美味しい食べ物で知られていますが、食品に関する持ち込みルールも厳しい国が多く、シンガポールでは、高級なフルーツであるデュリアンの公共交通機関での持ち運びが禁止で、その理由は、デュリアン特有の強烈な匂いが他の乗客に不快感を与えるためです。

また、日本では、特定の外国産の肉製品や果物の持ち込みが制限されていて、疫病の予防や国内の農業を守るための措置です。

世界を旅する際は、その国の文化や背景を理解し、持ち込みルールを守ることで、より豊かな経験が得られるでしょう。

最後に

旅行先や航空会社によって、持ち込み制限や禁止品のルールは異なります。

出発前に必ず公式情報を確認し、安全で快適な旅行を楽しんでください。

上記の内容は一般的な情報を元にしたものなので、詳細は、公式サイトや関連情報を確認してください。

飛行機の座席選びのプロが教える!絶対後悔しない座席の選び方。 (cabinattendant.blog)

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント