全日空グループの航空会社解析、全日本空輸、ANAウイングス、エアージャパン、Peach Aviationの歴史、路線、社員数、資本金まとめ記事。

CAの就職活動

この記事は、全日空グループについて説明しています。

この記事を読むと、全日空グループには、全日本空輸(ANA)、ANAウイングス(AKX)、エアージャパン(AJX)、そしてPeach Aviationの4つがあることがわかります。

それぞれの航空会社は異なるターゲットや、サービスを提供しており、グループ全体の強固なネットワークを形成しています。

全日空グループは、日本の航空業界で重要な位置を占めるグループであり、以下の航空会社で構成されています。

スポンサーリンク

全日本空輸(ANA)

歴史

ANAは、1952年に日本ヘリコプター & エアロプレーンとして設立され、後に全日本空輸として知られるようになりました。

路線

主要な国内外の定期航空路線を運営しています。

社員数

連結従業員数 40,507名(2023年3月31日現在)

資本金

4億6760万1000円

ANAウイングス(AKX)

歴史

2012年4月に設立されました。

路線

東京国際空港、大阪国際空港、中部国際空港を中心に、地方は、新千歳空港、福岡空港、那覇空港などを就航しています。

社員数

13,689人

資本金

2500万円

エアージャパン(AJX)

歴史

1990年に国際線チャーター便を運航するANAグループのエアラインとして創業し、2001年にエアージャパンに社名を変更しました。

路線

成田からアジア・リゾート路線を中心とした、香港・シンガポール・ホーチミン・バンコク・ヤンゴンなど約12路線の国際線旅客便、沖縄ハブを中心にアジア各都市を結ぶ約27路線の貨物便を運航していましたが、コロナの影響で、多くの路線が運休、全日本空輸への移管が行われました。

社員数

2023年6月1日時点で903名

資本金

5000万円

Peach Aviation(APJ)

関西国際空港を中心とした、全日空の格安航空会社(LCC)で、ANAホールディングスの連結子会社です。

「飛行機を身近な乗り物にし、アジアのかけ橋になる」という想いのもと、日本初のLCCとしてPeachは誕生しました。

歴史

2011日本初の年に、日本発のLCCとして運航を開始しました。

路線

新千歳・仙台・成田・中部・関西・福岡・那覇の7か所を拠点空港として、国内線32路線・国際線18路線に就航しています。

気軽な運賃での移動を提供し、新たな飛行機の使い方を提案しています。

日本全国、そして日本とアジアを繋ぐネットワークを拡大し、アジアの中での気軽な移動を提供するリーディングLCCを目指しています。

社員数

1,922人

資本金

1億円

最後に

全日空グループは、全日本空輸(ANA)、ANAウイングス(AKX)、エアージャパン(AJX)、およびPeach Aviation(APJ)の4つの航空会社で構成されています。

各航空会社は異なる市場やサービスを提供しており、特定の歴史、路線、社員数、および資本金を有しています。

全日空グループは、これらの航空会社の独自の特性を活用して、強固な航空ネットワークを構築しています。

全日空(ANA)のキャビンアテンダント制服の歴史と評判について、時代の変化と共に進化するスタイルを紹介します。 (cabinattendant.blog)

CAの就職活動
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント