飛行機の座席選びのプロが教える!絶対後悔しない座席の選び方。

NEWS

この記事は、飛行機の座席で、どこを選んだらよいかを説明しています。

この記事を読むと、窓側 vs 通路側のどちらを選んだらよいか、前方 vs 後方のどちらが快適なのか、など自分に合った座席の選択方法がわかります。

スポンサーリンク

 窓側 vs 通路側: どちらがあなたに合っている?

窓側のメリット・デメリット

窓側の座席のメリット

  1. 上空からの景色を眺めることができます。
  2. 壁にもたれてリラックスすることができます。
  3. 隣の人が席を立つ時に、わざわざ席を立たなくてもよいです。

窓側の座席のデメリット

  1. トイレや移動の際、隣の人に声をかけて席を立たせる必要があります。
  2. 荷物の収納棚からの荷物の取り出しにくいことがあります。
  3. 通路側と比べて、窓側は寒く感じることがあります。

通路側のメリット・デメリット

通路側の座席のメリット

  1. トイレや移動の際に気兼ねなく席を立つことができます。
  2. 窓側と比べて、少し広いスペースを感じることができます。
  3. 客室乗務員を呼びやすいです。

通路側の座席のデメリット

  1. 足元に荷物を置くスペースが限られることがあります。
  2. 通路を歩く人やカートに足をぶつけられることがあります。
  3. 窓側の人が席を立つ時に、邪魔になることがあります。

1人旅の際の3人掛けの真ん中の座席の注意点

  1. 両隣に知らない人が座ることになり、プライバシーが少なくなります。
  2. 窓側や通路側の利点を享受することができません。
  3. 両隣の人が席を立つ時に、度々席を立たせるか、または立つ必要があります。

前方 vs 後方: どちらが快適なのか?

前方の座席のメリット・デメリット

メリット

  1. エンジンより前に位置しているため、比較的静かです。
  2. 飛行機の出入り口が近いので、搭乗や降機が早いです。
  3. 揺れを感じにくいことが多いです。

デメリット

  1. ビジネスクラスやファーストクラスなど、特定の高級席が前方に配置されている場合が多いため、料金が高くなることがあります。
  2. 食事サービスが後方の座席に比べて遅れることがあります。

後方の座席のメリット・デメリット

メリット

  1. 比較的空席が多いことがあるため、隣席が空いている可能性が高いです。
  2. 翼の近くで景色を楽しむことができます。
  3. 食事サービスが前方の座席よりも早く提供されることがあります。

デメリット

  1. エンジン音が大きく、騒音が気になることがあります。
  2. 出入り口が遠いため、降機に時間がかかることがあります。
  3. 揺れを強く感じることがあります。

子ども連れの旅: 最適な座席の選び方

赤ちゃん連れの場合の座席選び

メリット

  1. バルクヘッド席(区切り壁の前の席)は、赤ちゃん用のバスケットを取り付けることができる航空会社が多いため、赤ちゃんを寝かせるのに便利です。
  2. 通路側の座席は、頻繁に動くことが予想されるため、移動が容易です。
  3. 窓側や中央の座席は、他の乗客の邪魔にならずに授乳やおむつ交換が行いやすいです。

注意点

  1. 非常口の近くの座席は、安全上の理由から赤ちゃん連れには指定できないことが多いです。
  2. 長時間のフライトでは、赤ちゃんの耳が痛くなることがあるので、離陸や着陸時に授乳や哺乳瓶を与えると良いです。

チャイルドシート不要な子ども連れの場合の座席選び

メリット

  1. 窓側の座席は、子どもが景色を楽しめるため、退屈しづらいです。
  2. 通路側の座席は、トイレの利用や移動が容易です。
  3. バルクヘッド席や、よりスペースの広い席は、子どもが動きやすいです。

注意点

  1. 子どもが通路を歩き回ることが予想される場合、通路側の座席は避けた方が良いです。
  2. 子どもが他の乗客の迷惑となる行動をしないよう、注意が必要です。

非常口座席の広さの魅力と注意点

非常口座席のメリット

スペースが広い

非常口の前には座席がないため、足元のスペースが広く、足を伸ばしてリラックスできます。

快適な長時間のフライト

足元のスペースが広いため、長時間のフライトでも快適に過ごすことができます。

非常口座席の利用する時の条件

年齢制限

一般的には15歳以上であることが求められます。

身体的・精神的健康

緊急時に援助を行う能力が必要です。

言語

機内アナウンスや乗務員の指示を理解し、他の乗客に伝えることができる言語能力が求められます。

同伴者の不在

緊急時に他の同伴者の援助を必要としないこと。

注意点

荷物の収納

非常口座席の前には物を置くことができないため、手荷物はオーバーヘッドビンに収納する必要があります。

緊急時の責任

非常口座席に座る乗客は、緊急時に乗務員の指示に従って行動する責任があります。

冷えることがある

非常口の近くは外部との絶縁が少ないため、冷えやすいことがあります。

非常口座席は、その広いスペースを楽しむためだけでなく、緊急時の責任も伴うため、予約する際にはこれらの条件や注意点を十分に理解して選択することが重要です。

長時間のフライトでの座席選び

バルクヘッド席の選択

足元のスペースが広い

バルクヘッド席は、通常の座席とは異なり、前に壁があるため、足元のスペースが広く取られています。これにより、足を伸ばしてリラックスすることができます。

手荷物の収納に注意

前に座席がないため、離陸や着陸時に座席の下やオーバーヘッドビンに手荷物を収納する必要があります。また、飛行中も前の座席の背もたれに物を掛けることができないので、必要なものは手元に取っておくことをおすすめします。

非常口座席の選択

足元のスペースが広い

非常口座席は、緊急時の避難を考慮して、足元のスペースが通常の座席よりも広く取られています。そのため、長時間のフライトでも快適に過ごすことができます。

一定の条件を満たす必要がある

非常口座席を利用するためには、一定の条件を満たす必要があります。例えば、緊急時の避難をサポートできる体力や健康状態であること、指示に従って行動できることなどが求められます。また、非常口座席では、離陸や着陸時に手荷物を座席の下に置くことができない場合があります。

飛行機の座席選びは、旅の目的や機内での過ごし方によって異なります。上記のポイントを参考に、自分に合った座席を選ぶことで、快適な空の旅を楽しむことができます。

窓側の座席

壁にもたれて眠る

窓側の座席では、壁にもたれてリラックスしながら眠ることができます。特に長時間のフライトでは、このポイントは大きなメリットとなります。

外の景色を楽しむ

雲の上や地上の景色を楽しむことができるのも窓側の座席の魅力です。

トイレの利用や移動が不便

トイレや機内移動の際には、隣の乗客に席を立ってもらう必要があります。

通路側の座席

トイレや移動が容易

トイレの利用や機内移動がスムーズに行えます。

乗務員や他の乗客の移動による邪魔

通路を行き来する乗務員や他の乗客によって、時々邪魔されることがあります。

中央の座席

他の乗客の移動による邪魔が少ない

通路側や窓側の乗客の移動による邪魔を受けにくいです。

両隣に他の乗客がいるため狭く感じる

両サイドに乗客がいるため、少し狭く感じることがあります。

座席のリクライニングとピッチ

シートピッチとリクライニング

長時間のフライトでは、シートピッチ(座席間の距離)やリクライニングの深さが快適性に大きく影響します。可能であれば、これらが充実した座席を選ぶことをおすすめします。

座席のクッションやサポート

クッションとサポートの重要性

長時間座り続けるため、座席のクッションや腰のサポートは非常に重要です。航空会社や機材による違いを事前にチェックしましょう。

隣席の空席

隣席が空いているとリラックス

隣席が空いていると、広々としたスペースでリラックスして過ごせます。

飛行機の型や年式

新しい機材のメリット

新しい機材は、座席の快適性やエンターテインメントが充実していることが多いです。

レビューサイトの活用

他の乗客のレビューを参考に

座席選びの際には、他の乗客のレビューや評価を参考にすると、より快適な座席を選ぶ手助けとなります。

長時間のフライトでは、上記のポイントを考慮して座席を選ぶことで、快適な空の旅を楽しむことができます。

特別なニーズを持つ人のための座席選び

身体の不自由な方向けの座席選び

バルクヘッド席

    • 足元のスペースが広く、車椅子からの移動や足を伸ばしてリラックスするのに適しています。
    • 乗降時の移動距離が短縮される場合があります。

通路側の座席

トイレや移動が容易で、乗務員のアシスタンスを受けやすい位置にあります。

近くのトイレ

トイレの近くの座席を選ぶことで、移動の手間を減らすことができます。

座席の幅とリクライニング

より広い座席や深いリクライニングが可能な座席を選ぶことで、快適に過ごせます。

アレルギーや食事制限を持つ方のための座席近くの選び方

キャビンの前方

食事サービスが前方から開始される場合が多いので、食事の選択肢が豊富に残っている可能性が高まります。

通路側の座席

乗務員に容易にアクセスでき、食事のリクエストやアレルギー情報の伝達がスムーズに行えます。

事前の通知

飛行機の予約時やチェックイン時に、アレルギーや食事制限に関する情報を伝えることで、適切なサービスを受けることができます。

自分の食事を持参

重度のアレルギーを持つ方は、安全のために自分の食事を持参することも考慮すると良いでしょう。

乗務員への確認

食事が配られる前に、乗務員に再度アレルギーや食事制限について確認をすることで、トラブルを避けることができます。

特別なニーズを持つ方のための座席選びは、事前の計画とコミュニケーションが鍵となります。これらのポイントを考慮して、長時間のフライトでも快適に過ごすことができるようにしましょう。

シーズンや時期による座席の選び方

混雑を避けるための時間帯を選ぶ

休暇シーズンや祝日の前後は混雑することが多いですが、早朝や深夜のフライトは比較的空席が多いことがあります。この時間帯を選ぶことで、混雑を避けやすくなります。

プレミアムクラスの座席を検討する

エコノミークラスが混雑する場合、ビジネスクラスやプレミアムエコノミークラスは比較的空いていることが多いです。料金は高くなりますが、快適な座席を優先する場合には選択肢として考えられます。

座席指定の際の注意

休暇シーズンや祝日には家族連れの旅行者が増えるため、隣席に家族やグループが座る可能性が高まります。そのため、隣席が空いているか、または少し離れた席を選ぶことで、より快適に過ごすことができます。

飛行機内のサービスを利用

混雑するフライトでは、機内のサービスも混雑することが予想されます。食事やドリンクのサービスをスムーズに受け取るために、事前にキャビンアテンダントに希望を伝えるなどの工夫がおすすめです。

快適な飛行機の旅のための座席選び

旅の目的に合わせて選ぶ

ビジネスや観光、リラックスを目的とした旅行など、旅の目的に応じて最適な座席を選ぶことが大切です。

機内サービスの位置を確認

トイレやキャビンアテンダントのサービスカートの位置を確認し、自分のニーズに合わせて座席を選ぶと良いでしょう。

乗り継ぎの時間を考慮

乗り継ぎの時間が短い場合や、乗り継ぎが必要な場合は、乗降がスムーズな座席やキャビンを選ぶことがおすすめです。

長時間のフライトや特定のシーズンにおける飛行機の座席選びは、事前の計画と情報収集が鍵となります。これらのポイントを参考にして、快適な空の旅を楽しんでください。

最後に

飛行機の座席選びは、旅の快適さを大きく左右します。

窓側や通路側、前方や後方など、それぞれの座席の特徴を理解して、自分や家族に合った座席を選びましょう。

飛行機の座席選びは、旅の満足度を大きく左右する要素の一つです。このガイドを参考に、自分の旅の目的やニーズに合わせて最適な座席を選ぶことで、より快適な空の旅を楽しむことができます。

次回の旅行の際には、このガイドを活用して、最高の旅をお楽しみください。

飛行機が苦手・怖いという方へ、安心安全のために、キャビンアテンダントが気を付けていることを説明します。 (cabinattendant.blog)

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント