エールフランス航空のキャビンアテンダントになるための条件とは。

出典:yafoo.co.jp CAの就職活動
出典:yafoo.co.jp

この記事では、エールフランス航空のキャビンアテンダントになるための条件を書いています。

エールフランス航空の歴史や魅力についても書いているので、エールフランス航空のキャビンアテンダントになりたい人は、面接対策に役立ててください。

この記事の情報は、2021年以前の一例なので現在の情報と違う可能性があります。詳細はエールフランス航空の公式ホームページをご覧ください。採用情報 |エールフランス航空 – コーポレート (airfrance.com)

スポンサーリンク

エールフランス航空とは

出典:workingram

エールフランス航空は、1933年に設立されたフランスのフラッグ・キャリアです。

世界中の300以上の都市に就航し、フランス国内およびヨーロッパ全域、アフリカ、中東、アジア、北米、南米、オセアニアをカバーしています。

エールフランス航空は、数多くの賞を受賞しており、特に次のような賞があります。

  • 「スカイトラックス・ワールド・エアライン・アワード」で、ヨーロッパで最高のエアラインの1つに選ばれています。
  • 「ワールドトラベルアワード」で、最高のビジネスクラスのシートを提供するエアラインに選ばれました。
  • 「トラベル・リーダーズ・アワード」で、ヨーロッパで最高のビジネスクラスのエアラインに選ばれました。

また、エールフランス航空は、長年にわたって航空産業において革新的な技術を導入してきており、世界で初めて超音速旅客機「コンコルド」を運航した航空会社の1つで、現在では、環境にやさしい航空機の開発にも力を入れています。

コンコルドは2003/7/25、フランスからニューヨーク行きの定期便を運航中、エンジンの爆発により空中分解して墜落、乗員乗客113名が死亡。この事故でコンコルドの営業は停止し、退役しました。

また航空機は、高い安全性と快適性を兼ね備え、世界中の人に愛されています。そのため、エールフランス航空のキャビンアテンダントは、世界中の人から憧れられる職業となっています。

エールフランス航空の高いブランド価値と、快適な空間を提供するサービスは、豪華なフランス料理とワインを提供することで有名でパリのおしゃれな文化が感じられるスタイリッシュな制服も人気です。

エールフランス航空のキャビンアテンダントになるための条件

出典:workingram

エールフランス航空では、キャビンアテンダントの経験者を採用することが多く、採用面接は、とても厳しいと言われています。近年は、現地に在住していることが必要なので日本在住の日本人にとってはハードルが高い航空会社と言えるでしょう。

身長

女性

158㎝以上

男性

165cm以上

体重

体重に関して記載はありませんが、過去の例をデータにするとBMI18~30の範囲内が良いと言われています。

視力

裸眼

0.3以上

学歴

短期大学卒業以上と言われていますが、過去には高等学校卒業のキャビンアテンダントも採用になっています。

語学

英語が堪能であることを求められ、フランス語、英語、日本語のいずれかを話せることが基準になっています。

TOEIC

600点以上

泳ぎ

1分以内に50m泳げること

資質

出典:workingram

自信があり、ポジティブな姿勢で、チームワークを大切にしたコミュニケーション能力が必要です。

エールフランス航空のキャビンアテンダントにることは、とてもハードルが高いので、まずは日本やアジアのエアラインでキャビンアテンダントの経験を積んでみるのも良いかもしれません。そして条件が揃った時にチャンスを掴める自分になっておく準備を整えましょう。

エアラインスクールの情報によると、採用条件の一つに「水泳の50mを1分以内に泳げる」という内容を見たことがありますが、私は泳げないので、この段階でムリです・・・

エールフランス航空の制服が人気がある理由

出典:AF HP

エールフランス航空のキャビンアテンダント制服は、フランスのファッションデザイナーであるクリスチャン・ラクロワによってデザインされました。

ネイビーで統一された制服に真赤なベルトは、引き締め効果があり、強いアクセントになっています。

エールフランス航空のデザイナーには、クリスチャン・ディオールや、クリストバル・バレンシアガそしてカルヴァンなど、憧れのデザイナーばかりです。

エールフランス航空の制服には、高級感があり、デザインや色使いは、フランスの美意識やエレガンスが反映されているので、世界中で高い評価を受けています。そのため、エールフランス航空のキャビンアテンダントたちも、自身を持って着用しています。

エールフランス航空の給与

出典:Fly Team

出典:Fly Team

初任給

月額1,800ユーロ(約23万円)前後

3年目まで

3年目までには月額2,100ユーロ(約27万円)前後

平均月収

2,210ユーロ(約34万円)

年収

31,600ユーロ~37,900ユーロ(500万円~600万円)

エールフランス航空のキャビンアテンダントのボーナスについては具体的な情報がなく、一般的なフランスの年間ボーナスは平均で月給の1~2か月分の計算になります。実際のボーナス額には個人差があり、経験年数によって給与が上がることもあります。

フランスでは、労働組合の力が強いため、福利厚生が充実しています。

ただし、フランスは税金が高い国であるため、手取りはそれほど高くないかもしれません。応募する場合は、エールフランス航空の採用担当者にお問い合わせいただく必要があります。

この情報おは、2021年以前の例なので、現在の情報を違う可能性があります。ご注意下さい。

エールフランス航空で働く日本人キャビンアテンダント

出典:en-kopp.no

出典:en-kopp.no

エールフランス航空には、日本人のキャビンアテンダントも働いています。

日本語ができることは、採用において大きなアドバンテージとなります。

過去には、キャビンアテンダントの採用枠の一部を日本人に割り当てていた時期もありました。

エールフランス航空は、世界中から多様な人材を採用するので、国籍や性別、人種などに関係なく、適正を持った人材を積極的に採用しています。

日本での採用が最後に行われたのは、25年前の1998年だそうです。

日本での最後のキャビンアテンダント採用ということで、JALやANAのキャビンアテンダントがエールフランス航空にたくさん転職したと言われています。

近年は、フランス本国での採用のみで、残念ながらキャビンアテンダントの採用は行われていません。採用情報 |エールフランス航空 – コーポレート (airfrance.com)

まとめ

エールフランス航空のキャビンアテンダントになることは、多様な文化に触れることができるだけでなく、フランスの歴史にも触れることができる魅力的な職業です。

フランスでは、美術やファッション、食事など、世界に誇る文化がたくさんあるので、貴重な経験をすることができます。

エールフランス航空のキャビンアテンダントには、語学力だけでなく、個人の資質も重要なので、人とのコミュニケーション能力や柔軟性、チームワークなどを身に着け、サービス精神やおもてなしの心があることも必要です。

採用試験に合格し、エールフランス航空のキャビンアテンダントとして働くことで、様々な経験や出会いが待っています。ぜひ、エールフランス航空のキャビンアテンダントになる夢を叶え、大空を飛んでみてください。

404 NOT FOUND – CAセラのブログ
飛行機の中で経験した出来事を書いています。

 

CAの就職活動
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント