キャビンアテンダントとして働く意義を、マザー・テレサの言葉から説明します。

出典:jagran NEWS
出典:jagran

この記事はキャビンアテンダントとして働く私たちが、迷ったり悩んだりした時に支えになるマザー・テレサの言葉を通して説明しています。

この記事を読むと「私たちができることは少ないかもしれませんが、その少ないことを大いなる愛をもって行いましょう」というマザーテレサの言葉が、キャビンアテンダントとして働く多く私たちに大きな意味を持つことがわかります。

スポンサーリンク

小さな行動、大きな影響

キャビンアテンダントの仕事は、一見単純なサービス業に見えるかもしれませんが、その背後には乗客の安全と快適性、そして人々がつながる架け橋となる重要な役割があります。

マザー・テレサが強調したように、小さな行動でも愛をもって行えば、それが大きな影響を生むことがあるのです。

マザー・テレサは、人々に奉仕することで自分自身も豊かになると信じていました。

キャビンアテンダントとしても、乗客に対するサービスは単なる仕事以上の意味を持ち、人々が安全で快適な旅をすることが自分にやりがいを与えてくれます。

人々とのつながり

マザー・テレサは貧しい人々や病気の人々に対して、物質的な援助だけでなく、心の支えとなる存在で、相手の人間性を尊重していました。

キャビンアテンダントも、乗客が安心して旅を続けられるように、他人の心の支えとなることができるのです。

自己犠牲と奉仕

マザー・テレサは自己犠牲と奉仕の精神で生きていました。

キャビンアテンダントとしても、時には自分の快適性を犠牲にして乗客のために働くことが求められる時があります。

その奉仕が、最終的には自分自身にも多くの満足と成長をもたらしてくれる時があります。

マザー・テレサの愛と献身は、一時的なものではなく、長い期間にわたって持続していたのです。

最後に

マザー・テレサの教えは、キャビンアテンダントとして働く人々にとっても非常に有用です。

小さな行動に大いなる愛をもって接することで、乗客に安心と快適性を提供し、自分自身も成長できるので、キャビンアテンダントとしての働く意義と生きる意味を見つけることができるかもしれません。

つまり日々の業務は自己啓発と成長の場なので、乗客からのフィードバックや同僚との協力、緊急時の対応など、多くの経験を通じて成長することができると思います。

美しいキャビンアテンダントとブサイクなキャビンアテンダントの圧倒的な違いをブスでデブな元キャビンアテンダントが説明します。 (cabinattendant.blog)

キャビンアテンダントの多くが使用している化粧水は、SK2なのをご存じですか。

少しお高いですが、SK2は決してあなたを裏切りません。

90%以上天然成分SK-IIピテラTMでできたエッセンスは、肌荒れを防いで、肌本来の働きを整えるトリートメント効果の高い化粧水なので、うるおいあふれるクリアな肌へ導いてくれます。

ピテラとは、特別な酵母の株から、独自のプロセスで発酵させ生み出した、SK-IIだけの天然由来成分で、肌がうるおい、乾燥や毛穴に効果があり、透明感のある肌状態に導きます。

また、毛穴目立ち、キメ、乾燥、くすみ、小じわなどを整え、ハリ不足や乾燥による小じわに効果があります。

メラニンの生成をおさえて、シミ・ソバカスを防ぎ、夏の紫外線やエアコン使用などによっておこる、乾燥、乾燥によるくすみ・小じわ、キメの乱れを整えてくれます。

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント