飛行機が苦手・怖いという方へ、安心安全のために、キャビンアテンダントが気を付けていることを説明します。

NEWS

飛行機が苦手・怖いという方へ、安心安全のために、キャビンアテンダントが気を付けていることを説明します。 – YouTube

この動画は、飛行機が苦手・怖いという人にキャビンアテンダントが普段取り組んでいることを紹介して、フライトが、安心安全あることを説明しています。

この動画を見ると、飛行機恐怖症の人や閉所恐怖症、高所恐怖症だけに限らず、飛行機の揺れが怖い人が安心して飛行機に乗ることができます。

スポンサーリンク

安全教育の徹底

私たちキャビンアテンダントは、定期的に緊急時の対応や、安全に関するトレーニングを受けています。

例えば、突然の気圧の変化や乱気流時の対応方法など、乗客の皆様が安心して飛行機に乗るための準備をしています。

乱気流対策

飛行中に乱気流に遭遇することは稀ですが、その際には、キャビンアテンダントが、乗客にシートベルトの着用をお願いしています。

揺れが予想される場合、温かい飲み物のサービスを控えるなど工夫をしています。

シートベルトをしっかりとしていれば、揺れても大丈夫です。

トイレの使用に関しては、揺れの情報が操縦室が入ったタイミングでアナウンスをしてトイレの案内をしています。

リラックスのためのサービス

機内では、飛行機が苦手な方のために、リラックスできる音楽や映画を見ることができます。

またキャビンアテンダントに申し出頂ければ、リラックスできるようにサービス可能な飲み物やスナックを提供しています。

ご自身で持ち込んでいただいたハーブティーやカモミールティーがあれば、お湯をサービスできます。

それらは、リラックス効果があると言われています。

心のサポート

飛行機が怖いと感じるお客様には、キャビンアテンダントが隣に座ってお話をしたり、手を握ってサポートすることもあります。

心のサポートが必要な場合は、遠慮せずにキャビンアテンダントにお知らせください。

緊急時の対応

飛行機内にはAEDや医療キットが備えられており、JALドクターや他の医療専門家と連携して、緊急時の対応が可能です。

また、必要に応じて空席やギャレイを利用して、横になれる場所も用意しています。

座席の選定

閉所恐怖症の方や、特定の席を希望する方は、事前に座席選定の際にお知らせください。

また、常備薬や酔い止めを持参している場合、キャビンアテンダントに伝えていただくと、より快適なフライトをサポートできます。

最後に

飛行機は、最も安全な乗り物の一つとされています。

私たちキャビンアテンダントは、皆様の安全と快適な空の旅をサポートするために、日々努力しています。

空の旅を快適にお過ごしいただけるよう少しでもお役に立てると嬉しいです。

注意点

飛行機が苦手・怖いという方への対応やサービスの一例です。

航空会社やフライトによって、提供されるサービスや取り組みは異なる場合がありますので、具体的な内容は各航空会社にお問い合わせください。

飛行機の中で出産した場合、赤ちゃんの国籍はどうなる?妊婦が飛行機に乗る際の注意点とは? (cabinattendant.blog)

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント