キャビンアテンダントに身長は関係ない時代になってきました。身長が低くても、150㎝前半でも大丈夫な理由を説明しています。

出典:フジテレビ CAの就職活動
出典:フジテレビ

この記事は、キャビンアテンダントに身長が関係ないことを説明しています。

この記事を読むと、150㎝前半でもキャビンアテンダントになっている人がいることがわかります。

スポンサーリンク

日系キャビンアテンダントに身長制限はない。

身長160cm未満でも日系の航空会社ではキャビンアテンダントになれます。

なぜなら、応募の条件に身長の記載がないからです。

身長の記載がなくなった理由は、体重の記載がなくなったことと同じで、差別をなくし、多様性を重視する考え方からだと言われています。

日系キャビンアテンダントに身長160cmの壁はない。

JAL、ANAに加えてLCCにおいても、日系航空会社の募集要項には身長制限は設けられていません。

身長が150cm台であっても、キャビンアテンダントになっている人はいます。

外資系航空会社には応募の条件に身長やアームリーチが必要です。

外資系の航空会社では、身長やアームリーチに制限があります。

航空会社によっては、毎年厳しい検査があり、少しでも足りないと働けなくなる、と言われています。

キャビンアテンダントには150cm台前半でも大丈夫。

身長が理由で、キャビンアテンダントになることを諦める必要はありません。

この記事を読むことで、身長に関する疑問や不安を解消してください。

キャビンアテンダントの身長に関する応募条件が撤廃された理由

差別の撤廃

身長制限は、一部の人々を不当に排除する可能性があり、これは差別とみなされています。

多様性の推進

航空会社は、多様な背景を持つスタッフを受け入れることで、より広い顧客層に対応することができると認識しています。

業務遂行能力の再評価

身長だけが業務遂行能力を示すものではないとの認識が広がってきました。

機材の進化

航空機の内部デザインや設備が進化し、身長に関係なく業務を遂行できるようになってきたと言われています。

人材不足

コロナ禍が終わり、需要が回復する中で、人材不足を背景に、より多くの応募者を受け入れるための条件緩和が進められてきました。

社会の価値観の変化

公平性や平等性を重視する現代の価値観に合わせて、身長制限という古い基準を見直す動きが強まってきました。

顧客の期待

多様性を受け入れる社会の中で、顧客も多様な背景を持つキャビンアテンダントが必要とされています。

日本では、多くの航空会社が身長に関する応募条件を撤廃または緩和しています。

機材の小型化で身長格差はなくなりつつあります。

今でも、身長を要素として考慮している航空会社もありますが、それがキャビンアテンダントとしての適性や能力を決定するものではありません。

日系の航空会社においては、身長制限は設けられておらず、150cm台前半でも内定の実績があります。

重要なのは、身長以上に大切な、接客力、コミュニケーション力、英語力など、多くの要素です。

航空会社は、乗客と直接接するキャビンアテンダントには、高い能力を求めています。

身長に自信がない人でも、その他のスキルや能力を磨くことで、十分にキャビンアテンダントとして活躍することができます。

身長を気にせず、自分の夢や目標に向かって努力し続けることが最も重要です。身長に不安を感じる人も、この記事を読んで、新たな気持ちで挑戦してみてください。

キャビンアテンダントの出身大学ランキングを紹介します。 (cabinattendant.blog)

CAの就職活動
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント