キャビンアテンダントの出身大学ランキングを紹介します。

CAの就職活動

キャビンアテンダントの出身大学ランキングを紹介します。 – YouTube

キャビンアテンダントが、どこの大学を出てる人が多いか知っていますか?

実は、キャビンアテンダントに学歴は、関係ありません。

航空会社によっては、高卒で大丈夫で、学歴より人間性を大切にしています。

この記事では、2019年のキャビンアテンダントの出身大学をランキングにして人数を書いています。

この記事を読むと、キャビンアテンダントになりたい学生たちの専攻が、英文科から国際学科に変化してきていることがわかります。

スポンサーリンク

1位~10位

1位: 関西外国語大学 (大阪) – 120人

外国語教育に力を入れており、2014年には機内のモックアップ施設が設置されました。

実際の飛行機の中での勉強ができるため、実践的なスキルを身につけることができます。

2位: 青山学院大学 (東京) – 77人

青山学院大学は、国際的な視野を広げる教育が強みです。

英語力だけでなく、コミュニケーション能力も高めるカリキュラムが人気です。

3位: 関西学院大学 (兵庫) – 55人

関西学院大学は、多岐にわたる学問分野と国際交流が魅力です。

キャビンアテンダントを目指す学生にとって、多文化理解の深化が可能です。

4位: 立教大学 (東京) – 42人

グローバルな視点を持つ人材育成に注力。

5位: 明治大学 (東京) – 39人

実践的な英語教育とビジネススキルの習得。

6位: 上智大学 (東京), 名古屋外国語大学 (愛知) – 37人

上智は豊富な外国語科目と国際交流、名古屋外国語は専門的な外国語教育。

8位: 明治学院大学 (東京) – 35人

キリスト教精神に基づく人間教育と国際理解。

9位: 同志社大学 (京都), 立命館大学 (京都) – 34人

同志社は国際協力と地域貢献、立命館はグローバルな人材育成。

11位~20位

11位: 独協大学 (東京) – 24人

多言語・多文化コミュニケーションの強化。

12位: 西南学院大学 (福岡), 同志社女子大学, 神田外語大学 (東京), 桜美林大学 (東京), 日本女子大学 (東京), 法政大学 (東京) – 21人

これらの大学は、国際感覚とコミュニケーション能力の向上に焦点を当てています。

18位: 東京女子大学 – 20人

女性のリーダーシップと国際協力の教育。

19位: フェリス女学院大学 (神奈川), 成城大学 (東京) – 19人

フェリスは女性教育の伝統、成城は自由な学びの場。

20位~30位

21位: 聖心女子大学 (東京), 早稲田大学 (東京) – 18人

聖心は女性のリーダーシップ育成、早稲田は多岐にわたる学問分野。

23位: 北九州市立大学 (福岡), 関西大学 (大阪), 東洋大学 (東京) – 17人

地域と連携した教育と国際交流が特徴。

26位: 中央大学 (東京) – 16人

法学とビジネス教育の強化。

27位: 神戸女学院大学 (兵庫), 日本大学 (東京), 龍谷大学 (京都) – 15人

これらの大学は、多岐にわたる学問分野と国際交流。

30位: 東洋英和女学院大学 (東京) – 14人

女性教育と国際感覚の育成。

31位~

31位: 学習院大学 (東京), 神奈川大学, 京都外国語大学, 駒沢大学 (東京) – 13人

多様な学びと国際交流の機会。

35位: 横浜市立大学 (神奈川), 中京大学 (愛知), 東海大学 (神奈川) – 12人

地域と連携し、国際的な視野を広げる教育。

38位: 近畿大学 (大阪), 金城学院大学 (愛知), 武蔵野女子大学 (東京), 安田女子大学 (東京) – 11人

これらの大学も、国際教育とコミュニケーション能力の強化に焦点を当てています。

まとめ

キャビンアテンダントになるためには、英語だけでなく、コミュニケーション能力も重要です。

これらの大学は、未来のキャビンアテンダントたちにとって、夢を追い求める場所となっています。

それぞれの大学が提供する独自の教育とサポートを通じて、航空議会者で自己実現を目指しましょう。

日本航空(JAL)のキャビンアテンダントになるための条件とは。 (cabinattendant.blog)

コメント