航空業界とサステナビリティが目指す未来に、必要な航空燃料SAFについて説明しています。

NEWS
この記事は、持続可能な航空燃料SAFについて説明しています。
この記事を読むと、日本の未来に、持続可能な航空燃料、SAF(サステナブルアビエーションフューエル)の国内での生産が必要なことがわかります。
スポンサーリンク

サステナビリティと航空業界の課題

サステナビリティが今の時代のテーマとなっています。

特に航空業界は、気候変動という大きな問題に直面している一方、人々や物の移動、つながりは非常に重要な要素であり、航空業界が存在し続ける必要があります。

しかし、CO2排出量の削減にも真剣に取り組む必要があります。

フライトゥーフライプロジェクト

2023年8月に羽田空港のJAL格納庫で「フライトゥーフライプロジェクト」が立ち上がりました。

このプロジェクトは、持続可能な航空燃料、通称サステナブルアビエーションフューエル(SAF)の国内生産と供給を目的としています。

SAFを使用することで、従来の航空燃料に比べてCO2排出量を約80%削減することが可能です。

プロジェクトの参加者

このプロジェクトには多くの企業、自治体、団体が参加しています。

JALでは、社員の応募形式でSAFに関わる人材を集めま、選ばれた整備士は、航空機の品質や効率を上げることを行っていた人で、他には異業種の日輝や、ライバル会社のANAの社員たちが集まりました。

SAFとは

SAF(Sustainable Aviation Fuel)は「持続可能な航空燃料」のことで、従来の化石燃料に代わる、環境に優しい航空燃料で、生物資源(植物油、廃食用油、藻類)、産業廃棄物(木材残渣)、水素化、ガスを用いて製造されます。

CO2排出削減

SAFは、従来のジェット燃料に比べて、ライフサイクル全体でのCO2排出量が大幅に少ないので、CO2排出量を最大80%削減することができる場合もあります。

互換性

SAFは、既存の航空機エンジンや燃料供給インフラストラクチャーと互換性があり既存の航空機を大きく改造することなく、SAFを使用することができます。

多様な原料

SAFは、多様な生物資源や廃棄物から製造することができ、これにより地域に応じた持続可能な生産が可能です。

持続可能性

SAFは、持続可能な原料供給と環境保全を前提とした生産が求められるので森林破壊や食料供給への影響を最小限に抑えることができます。

日本でのSAFの原料

SAFの原料としては、天ぷら油や配食油など、今まであまり利用されていなかった資源を使い、資源の循環が促進されるとともに、CO2排出も抑制されます。

競合も協力

多くのステークホルダーとの協力が必要で、航空業界の競合であるANAもこのプロジェクトに参加しています。

SAFの課題は広範なので、JALとANAが協力して取り組むことが重要です。

将来への展望

SAFはアメリカの西海岸が先駆的存在で、北欧、特にフィンランドが動き始めています。

今、SAFに関する取り組みを通じて、日本が他の国を追い抜き先進国になる可能性は高いと言えます。

政府の目標である2030年までに、国産のSAFをしっかりと供給できる社会を目指しています。

まとめ

航空業界が直面するサステナビリティの課題は、一企業や一国で解決できるものではありません。

多くのステークホルダーが協力し、新しい技術や手法を開発していく必要がありフライトゥーフライプロジェクトはその一歩として、非常に重要な取り組みです。

若い人の間では、サステナビリティに貢献したいと思っている人が多いと言われています。

自分の知識やノウハウを活かして社会貢献していくことこそが、サステナビリティに対する真のコミットメントを示す行動です。

このような取り組みは、個々の専門性やスキルを用いて、環境、社会、経済の三つの柱にポジティブな影響を与えることができます。

環境への影響

例えば、エンジニアや科学者が、持続可能な技術の開発に貢献することでエネルギー効率の向上や廃棄物の削減、自然資源の保全などが可能になります。

社会的側面

教育者やコミュニケーターは、サステナビリティに関する知識と意識を広める役割を果たすことができるので、多くの人々が持続可能な選択をするように導き、社会全体のサステナビリティを高めることにつながります。

経済的側面

ビジネスリーダーや経済学者は、持続可能なビジネスモデルや政策を設計・推進することで、経済成長と環境保全の両立を目指すことができます。

個々の責任

それぞれの人が自分の立場でできることを考え、行動に移すことで、大きな変化を生む「バタフライエフェクト」を起こす可能性があります。

次世代への教育

自分自身が行う社会貢献活動は、次世代に対する教育にもなり、子供たちが大人からそのような行動を見ることで、サステナビリティが日常生活に根付く文化を形成する助けとなります。

持続可能な未来へのビジョン

知識とノウハウを活かして社会貢献することは、持続可能な未来への明確なステップを形成します。それは単なる理想や願望ではなく、具体的な行動と結果につながるのです。

楽天トラベル
国内・海外旅行なら日本最大級の宿泊予約サイト「楽天トラベル」。ホテル・ツアー予約や航空券・レンタカー・高速バス予約、観光情報も満載!ホテルの口コミ数は1000万件以上で日本最大級!楽天ポイント貯まる・使える!

最後に

生活において移動は止められません。バーチャルではできない対面で会う必要性を感じている今だからこそ、燃料を持続可能にする必要があるといえるでしょう。

私たち一人一人は、このような取り組みを知り、理解し、行動することが求められており、それが真のサステナビリティにつながる第一歩です。

スイスのジュネーブで始まった「FreeGo フリーゴー」は、食品ロスを削減することで、地球温暖化やフードロスを防ぎ、持続可能な社会の実現を目指しています。 (cabinattendant.blog)

 

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント