キャビンアテンダントの採用で、面接官が何を見ているか?2023年以降の傾向をご紹介します。

NEWS

この記事は、キャビンアテンダントになりたい人にむけて、実際の採用で面接官を行っている人が、何をみているかを具体的に説明しています。

この記事を読むと、コロナ以降採用が再開された航空会社の採用で、合格するキャビンアテンダントの特徴がわかります。

航空会社では、2023年以降採用が再開され始めています。

コロナ禍で採用が中止になっていた期間、多くの方が違うフィールドでスキルを磨いいるからこそ、その経験を活かして自己アピールを行いましょう。

スポンサーリンク

コロナ以降の採用トレンド

2021年のキャビンアテンダントの採用を準備している段階で、コロナによって採用が亡くなり、応募しようとおもっていた人たちは残念な思いをしました。

しかし、そんな時こそ気持ちを切り替えて、違う職種でスキルを磨いてから再度チャレンジしよう、と前向きになれた人はキャビンアテンダントに向いているといえるでしょう。

他の職種や環境で働いていた人にとって、その経験は無駄ではなく、その多様なスキルと経験が、キャビンアテンダントとして働く時に役立ちます。

悔しい思いや悲しい思いをした人は、「人の気持ちがわかる」「人の気持ちに寄り添える」能力を持っており、どの企業においても大切な存在となれます。

面接全体を通じての評価

面接官は、面接だけでなくその前後の行動を、しっかりと評価しています。

会場内外、電車内での態度、トイレでの会話など、日常の姿が現れる表情や立ち居振る舞い、仕草を見ています。

面接官は会場の周りをウロウロ歩いて回っており、受付のスタッフや、駅から会場まで誘導するスタッフも○×を付ける書類をもっていて、それは採用時のポイントとして加算されています。

面接官にはちゃんとした対応をしていても、駅やロビーでだらしない態度や、片手で書類を渡すなどの行為をみかけたら必ず報告しあっています。

どこで何をしているか常に意識することも大事ですが、逆に言うと、日常の生活を自分がきちんと行っているかが大事なのです。

点数制と偏差値

面接官は点数制や偏差値方式を用いて評価を行っている航空会社が多く、理由は面接官によって不利になったり有利になったりすることを防ぐためです。例えば1点から5点までの点数制でつけて、後から、応募者の待合室での立ち居振る舞いを見ていたスタッフのポイントを加算する方式です。

しかし、それはあくまで一つの指標であり、全体的な評価が最も重要です。

既卒・未経験者も歓迎

経験や学歴は一要素であり、多くの経験やスキルを持っている人は多様性を重視する航空会社にとって必要な人材です。

多くの航空会社は、既卒や未経験者でも、その人が持っているポテンシャルやスキルに注目しています。

圧迫面接とその対処法

圧迫面接は存在します。それは、応募者の対応を見るためでもあり、また面接官の気持ちを引き締めるためでもあります。

午後になると、面接官も疲れてきます。そのため、午後は圧迫面接が行われることが多く、これはあえての戦略であり、応募者のストレス耐性を試すものです。

いじわるな質問やきつい言い方に対しても冷静に、そして自然体で応対することが重要です。

面接官も人間です

面接官も緊張しています。会社の事務局では、合計20の質問が用意されていますが、場の雰囲気や受験生の反応によっては面接官がその場でアレンジすることもあります。

応募者の中でリラックスした雰囲気を作れる人、場の空気を読める人は高く評価されています。

面接官も一日中、多くの受験生を評価しているため、疲れてくることがあります。そのため、面接官に対する配慮も重要です。例えば、明るく元気な態度で面接官の気分をリフレッシュできるような行動は、非常に高く評価されます。

日常の態度が大事

面接は一時的なものですが、日常の行動や態度が最終的には評価されるので、靴やストッキングの状態、服装にアイロンがかかっているかなど細かい点を注意して行動することが求められます。

セルフコントロール

感情のコントロールができない人は、緊急時にパニックになる可能性が高いと思われてしまいます。

例えば「今までに悔しい経験をしたことはありますか?」という質問に対し、その時の悔しい気持ちを思い出して泣き出してしまう人など、どんなに他の成績がよくても落とされてしまいます。

そのため、面接での感情のコントロールは非常に重要で、家族の問題や個人的な話にならないよう気を付けましょう。

その他のポイント

タトゥー

アジア系の航空会社はタトゥーは禁止のところが多く、タトゥーが文化的に受け入れられない可能性があります。

キャビンアテンダントは、企業の顔とも言える職種であり、プロフェッショナルな外見が求められており、肌の状態は重要な評価ポイントとなります。

ニキビや傷、その他の皮膚トラブルは、できる限り事前にケアしておくことが推奨されます。

顔に傷があってもメークで隠せる範囲であれば問題ありません。

第一印象と事前情報

面接官は、面接前に応募者の履歴書、職務経歴書、SNSプロフィールなどをチェックしています。

そのため、第一印象は非常に重要で面接当日の服装や態度、さらには挨拶の仕方まで、細部にわたってプロフェッショナルな印象を与えることが求められます。

成績と偏差値

成績や面接での点数は大事ですが、それだけが全てではありません。

コミュニケーション能力、チームワーク、ストレス耐性など、多角的な観点からの評価が行われます。高い成績を持っていても、他のスキルや資質が不足していれば採用される可能性は低くなり、面接官も疲れているので、元気な挨拶や、笑顔がある人、相手をリフレッシュさせるような行動ができる応募者は評価されています。

最後に

コロナ禍を乗り越えたあなたは素晴らしい人材です。

新たなスキルと経験を持って、次の面接に向けて、日常生活での態度や行動に気を付けましょう。

もし面接で落ちてしまったとしても、それは決して終わりではありません。

多くの成功したキャビンアテンダントは、初めての面接で受かったわけではありません。

落ちたとしても、その経験は次に生かせる貴重なものなので、逆にその航空会社の顧客になったり、株を取得するなどして、自分のプラスに転換してみましょう。

面接はあなた自身を最もよく表現できる場ですが、それだけでなく日常生活での態度や行動も大事にされます。コロナ禍で得た経験やスキルも、新しい採用の波で大いに活かされるでしょう。しっかりと準備をして、自分自身を信じ、最高のパフォーマンスを発揮してください。

キャビンアテンダントのメイクアップ、長時間キープするメイクとスキンケアの秘訣を紹介します。 (cabinattendant.blog)

キャビンアテンダントの多くが使用している化粧水は、SK2なのをご存じですか。

少しお高いですが、SK2は決してあなたを裏切りません。

90%以上天然成分SK-IIピテラTMでできたエッセンスは、肌荒れを防いで、肌本来の働きを整えるトリートメント効果の高い化粧水なので、うるおいあふれるクリアな肌へ導いてくれます。

ピテラとは、特別な酵母の株から、独自のプロセスで発酵させ生み出した、SK-IIだけの天然由来成分で、肌がうるおい、乾燥や毛穴に効果があり、透明感のある肌状態に導きます。

また、毛穴目立ち、キメ、乾燥、くすみ、小じわなどを整え、ハリ不足や乾燥による小じわに効果があります。

メラニンの生成をおさえて、シミ・ソバカスを防ぎ、夏の紫外線やエアコン使用などによっておこる、乾燥、乾燥によるくすみ・小じわ、キメの乱れを整えてくれます。

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント