キャビンアテンダントが教える!安全な空の旅とアルコールの新常識 。

NEWS

こんにちは、この記事は、飛行機の中でのアルコールに関する話です。

飛行機内での「お飲み物はいかがでしょうか?」のシーンに隠されたキャビンアテンダントの注意点をお話します。

スポンサーリンク

航空業界での飲酒運転厳罰化

2009年から、航空業界では飲酒運転の厳罰化に伴い、パイロットや乗客へのアルコール提供に関する新たな規制が施行されました。

道路交通法第65条第3項に基づき、飲酒して運転する可能性のある人には酒類を提供してはいけません。

これは、飲食店だけでなく、空の旅にも大きく影響して、飛行機が到着後、乗客が車を運転する可能性を考慮して、私たちはお客様との会話の中で、空港からの移動手段を伺いながらアルコールを提供するんですよ。でも、実際はお客様の自己申告を信じるしかないので、それが正確かどうかは常に判断の難しいところです。

飲酒運転の影響

飲酒運転による事故は後を絶ちません。

動体視力の低下、視野の狭まり、判断力の低下など、アルコールがもたらす影響は多岐にわたります。

運転手に対するアルコール検査が義務付けられたのは2011年から。ビール一缶を飲んだ後のアルコール分解には約5時間かかると言われています。

キャビンアテンダントとして、私たちはフライト前12時間は飲酒をしないだけでなく、パイロットやお客様を飲酒運転のリスクから守る責任があるのです。

実は、ストレスの多いこの仕事では、アルコールに頼ってしまうスタッフも多くいます。

そのため、社員の健康とメンタルケアのために「アルコールに関する悩み相談所」が設けられました。

大切なこと

大切なのは、アルコール以外のストレス解消法を見つけることです。

私のオススメは、心と体のバランスを整えるヨガです。

自己管理の大切さを理解し、健康なライフスタイルを築くために、ヨガでリラックスしながら、新しい自分を発見できます。

美と健康を兼ね備えたキャビンアテンダントになるために!ダイエットで成功する秘訣。 (cabinattendant.blog)

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント