キャビンアテンダントから見た機長と副操縦士の違いを詳しく説明します。

NEWS

キャビンアテンダントから見た機長と副操縦士の違いを詳しく説明します。 – YouTube

この記事は、キャビンアテンダントから見た機長と副操縦士の違いを説明しています。

飛行機の中において、キャビンアテンダントとパイロット間の協力と、コミュニケーションは非常に重要です。

キャビンアテンダントが、機長と副操縦士(F/O=ファーストオフィサー)と効果的に連携することは、フライトの安全とスムーズな運行に不可欠です。

スポンサーリンク

責任範囲と指示

機長

機長は航空機全体の最終責任者であり、緊急時の決定や全体の運行に関する最終的な決断を行うので、キャビンアテンダントとのプレフライトブリーフィング(フライト前の短い会議)では、機長がフライトの全体像、天候、緊急時のプロトコールなどについてキャビンアテンダントに説明します。

この時点でキャビンアテンダントは、機長からの指示や、揺れに関する情報をしっかりと掴む必要があります。

フライト中は、キャビンアテンダントにインターホンで連絡しています。

もしくはキャビンアテンダントが飲み物を提供する時に情報交換する時もあります。

副操縦士

副操縦士は機長を補佐し、指示に従っており、特定の情報提供や質問に答えることもあります。また、機長が操縦不能になった時には副操縦士が最終責任者に代わります。

副操縦士は、機長が忙しい時や特定のタスクに集中している場合に、キャビンアテンダントとコミュニケーションを取ることもあります。

経験とスキル

機長

機長になるためには、最低でも1,500時間以上の飛行時間が必要で、航空会社や国によって異なる場合があります。

特定の航空機タイプに対する資格も必要で、数週間から数ヶ月の専門的な訓練もあります。

機長は10年以上、場合によっては20年以上の飛行経験を持っており、長い期間にわたる経験と訓練によって、非常に高いレベルのスキルと知識を持っているので、副操縦士やキャビンアテンダント、整備士、地上スタッフは、機長の指示や判断に非常に高い信頼を寄せています。

副操縦士

副操縦士になるには、250時間以上の飛行時間が必要ですが、航空会社や国によって違います。

副操縦士も厳格なトレーニングを受けており、シミュレーターでの訓練、実際の飛行訓練、筆記試験など厳格な訓練プログラムを経てフライトを始めるので、副操縦士は高いレベルのスキルと知識を持っています。

緊急時の対応

機長

緊急時には機長が最終的な決断を下します。

エンジンが故障した時、機長は緊急着陸するか、最寄りの空港に向かうか、あるいは飛行を続行するかを決定するので、常に航空管制と連絡を取り、状況を評価した上で、最も安全な選択をしてくれます。

機長が決断を下した後は、全員がその指示に従い、キャビンアテンダントは、乗客への対応を行います。

緊急着陸が必要な時は、キャビンアテンダントは乗客に、残された時間で安全な体勢をとるよう説明を始めます。

副操縦士

副操縦士は緊急時には機長の指示に従うので、着陸の準備、必要な計算、航空管制との通信などを担当することが多く、機内の状況や機器の操作をサポートしています。

乗客に急病人が発生した場合など、副操縦士はキャビンアテンダントと連携して最寄りの空港に緊急着陸する手続きを行うこともあります。

パイロットのプロフェッショナリズムとは

パイロットのプロフェッショナリズムは、航空業界において極めて重要な要素です。

専門的な訓練と資格

パイロットは、厳格な訓練プログラムを経て、国際的に認められた資格を持っており、飛行操作、航空法、気象学、航空機の機械学、緊急手続きなど、多岐にわたる科目が含まれています。

精密な判断力

パイロットは、飛行中に多くの瞬間的な判断を下すので、気象条件、機械的な問題、航空管制の指示など、多くの要素を考慮しています。

その判断は、全員の命に直接関わるため、非常に高いレベルの精密な判断力が求められます。

コミュニケーション能力

パイロットは、航空管制、乗務員、時には乗客とも効果的にコミュニケーションを取る必要があり、緊急時には、明確かつ迅速なコミュニケーションが求められます。

緊急時の対応能力

緊急時には、パイロットのプロフェッショナリズムが最も試される瞬間で、機械的な故障や気象の急変、医療緊急事態など、予期せぬ状況に即座に対応する能力は、パイロットが持つべき最も重要なスキルの一つです。

パイロットとキャビンアテンダントの関係性

尊敬と信頼

機長と副操縦士は高度な訓練と評価を受けており、航空機を安全に運行する責任を担っているので、キャビンアテンダントはパイロットに対して信頼をしなければなりません。

パイロットも一人の人間なので、独自の個性を持っており、その多様性が職場環境やチームワークに影響を与えることがあります。

人間関係

長時間のフライトや、多忙なスケジュールなど、航空業界特有のストレス状況下でも、キャビンアテンダントとパイロットは互いにサポートし合う関係が多いですが、人間関係は個々によるため、必ずしも全てのキャビンアテンダントが全てのパイロットに対して同じように感じているわけではありません。

個々の持つ感情や考えは多様ですが、プロフェッショナリズムを基盤とした関係は、自分の命を守る意味でも大切です。

偉そうな態度や命令口調に対する嫌悪感

一部のキャビンアテンダントは、偉そうな態度や命令口調で話すパイロットに対して嫌悪感を持つことがあります。

効果的なコミュニケーションの重要性

航空業界では、効果的なコミュニケーションが非常に重要で、命令が必要な緊急時でも、その命令の仕方やトーンがキャビンアテンダントとの信頼関係に影響を与えることがあるので、偉そうな態度や命令口調は、緊急時においても効果的なコミュニケーションを妨げる可能性があります。

組織文化と対処法

航空会社には、このような問題に対する対処法が用意されている場合もあります。

フィードバックメカニズム、定期的な研修、メンタルプログラムなどを通じて、キャビンアテンダントとパイロットの間のコミュニケーションスキルや人間関係を改善する試みが行われています。

最後に

これらは一般的なケースであり、航空会社や国、特定のフライトによっては異なる場合もあります。

しかし、キャビンアテンダントはこれらの違いを理解し、適切なコミュニケーションと協力を行うことが求められます。

機長と副操縦士、それぞれの役割と責任を理解することで、より効率的なチームワークが可能になります。

キャビンアテンダント パイロット (cabinattendant.blog)

キャビンアテンダントの多くが使用している化粧水は、SK2なのをご存じですか。

少しお高いですが、SK2は決してあなたを裏切りません。

90%以上天然成分SK-IIピテラTMでできたエッセンスは、肌荒れを防いで、肌本来の働きを整えるトリートメント効果の高い化粧水なので、うるおいあふれるクリアな肌へ導いてくれます。

ピテラとは、特別な酵母の株から、独自のプロセスで発酵させ生み出した、SK-IIだけの天然由来成分で、肌がうるおい、乾燥や毛穴に効果があり、透明感のある肌状態に導きます。

また、毛穴目立ち、キメ、乾燥、くすみ、小じわなどを整え、ハリ不足や乾燥による小じわに効果があります。

メラニンの生成をおさえて、シミ・ソバカスを防ぎ、夏の紫外線やエアコン使用などによっておこる、乾燥、乾燥によるくすみ・小じわ、キメの乱れを整えてくれます。

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント