半導体株はオワコンか?2024年に注目すべき企業とその動向とは、投資のチャンスを見逃すな!

CA NEWS

この記事は、成長が期待される「半導体」について書いています。

この記事を読むと、半導体の株が上がるか下がるか予想しやすくなると思います。

スポンサーリンク

半導体市場の動向

2024年の世界の半導体市場は、前年比13.1%増の5,884億米ドルに達すると予測されています。

特にメモリ市場は前年比44.8%増と大きな成長が見込まれていて、地域別では、アメリカが22.3%増、アジア・太平洋地域が12.0%増、日本も4.4%増と堅調な成長を見せると予測されています。

半導体市場

2024年度の半導体の市場は好調で、2023年度は一時的な減少が見られましたが、2024年度は27%増と大幅な回復が見込まれていて、世界中でのデジタル化の進展が進んでいる証拠です。

世界的な半導体企業

ASML (オランダ)

半導体製造装置(特にEUVリソグラフィーシステム)の世界的リーダー。最先端の半導体製造技術を支える。

Intel Corporation (アメリカ)

世界最大の半導体企業であり、主にコンピュータ用のプロセッサーを製造。技術革新と製品性能で知られる。

Samsung Electronics (韓国)

メモリチップ(DRAM、NAND)とディスプレイ技術で世界トップクラス。スマートフォンや家電製品でも有名。

TSMC (台湾)

半導体ファウンドリ(受託製造)業界のリーダー。AppleやAMDなどの主要顧客を持ち、最先端の製造プロセスで有名。

NVIDIA (アメリカ)

GPU(グラフィックスプロセッサー)を中心に、AIやデータセンター向けの製品で急成長。ゲーム、プロフェッショナルビジュアライゼーション、データセンター市場で強い。

Broadcom Inc. (アメリカ)

ワイヤレス通信、ストレージ、ネットワーキングの分野で広範な製品を提供。高性能な半導体ソリューションで知られる。

Qualcomm (アメリカ)

スマートフォン向けのプロセッサー「Snapdragon」シリーズで有名。ワイヤレス通信技術(5Gなど)のリーダー。

Micron Technology (アメリカ)

DRAM、NANDフラッシュメモリなどのメモリ製品を製造。自動車、データセンター、モバイル機器向けに強い。

Texas Instruments (アメリカ)

アナログ半導体と組み込みプロセッサーで有名。幅広い産業用途で使用される製品を提供。

SK Hynix (韓国)

DRAM、NANDフラッシュメモリの主要メーカー。高性能メモリソリューションで競争力がある。

これらの企業は、半導体業界で重要な役割を果たし、デジタル社会の進展に不可欠な技術を提供しています。投資家にとっても注目すべき存在です

半導体不足

半導体不足の原因は、需要に対して供給が追いついていないことです。

半導体市場は2020年時点でおよそ50兆円の規模でしたが、2030年には倍の100兆円規模まで成長すると予想され供給不足は今後も続く可能性があります。

しかし、2024年後半には状況が緩和される見込みで、自動車産業や家電産業、通信機器産業においても、新車開発や生産量の回復が期待されています。

日本の半導体産業

日本の半導体産業はかつて世界シェアの7割を誇っていましたが、日米通商摩擦の犠牲となり、「日米半導体協定」の締結により衰退し、最先端のロジック半導体の製造においては、日本は他国に比べて遅れを取っています。

アメリカの攻撃的な貿易政策により、日本の半導体産業は大きな打撃を受けましたが、TSMCが熊本にできるなど、復活の兆しを見せています。

東京エレクトロン

売上高

22,090億円

概要

半導体製造装置の設計、開発、製造を行う。特にリソグラフィー装置やエッチング装置で高い評価を受けている。

アドバンテスト

売上高

5,601億円

概要

半導体テストシステムの世界的リーダー。先進的なテスト技術で半導体メーカーの品質向上に貢献している。

SCREENホールディングス

売上高

4,608億円

概要

半導体製造装置やフラットパネルディスプレイ(FPD)製造装置を提供。特にクリーニング装置や現像装置で高いシェアを持つ。

キヤノン

売上高

3,292億円(インダストリアル事業)

概要

半導体リソグラフィー装置を製造。高精度な露光技術を持ち、半導体の微細化に貢献している。

ローム

売上高

3,250億円

概要

パワー半導体やICチップの設計・製造で知られ、車載用や産業用の半導体で強みを持つ。

ルネサス エレクトロニクス

売上高

3,200億円

概要

マイクロコントローラー、アナログ、パワー、SoC製品を提供。自動車向け半導体で世界的なシェアを持つ。

SUMCO

売上高

3,168億円

概要

シリコンウェハーの製造で世界トップクラス。半導体製造に欠かせない高品質のシリコンウェハーを提供している。

デンソー

売上高

2,500億円(半導体関連)

概要

自動車用半導体の設計・製造を行い、特に電動車両向けのパワー半導体で強みを持つ。

ミライズテクノロジー

売上高

1,850億円

概要

旧ソニーセミコンダクターマニュファクチャリング(Sony Semiconductor Manufacturing)。イメージセンサーやその他の半導体製品を製造。

富士電機

売上高

1,800億円(半導体関連)

概要

パワーエレクトロニクス製品の製造で知られ、特にパワー半導体や電源機器で強みを持つ。

これらの企業は、日本国内外で高い評価を受けており、半導体産業の成長と技術革新に大きく貢献しています。半導体市場の動向を理解するためには、これらの企業の動向を注視することが重要です。

半導体株に投資

デジタル社会への移行が進む中で、半導体の需要は今後も高まり続けることが予想されIoT、AI、5G、ビッグデータの活用が進むことで、半導体の重要性はますます増していきます。

中長期的な視点から見ても、半導体市場の成長は期待できるため、エヌベディアはオルカンに含まれています。

オルカン銘柄一挙公開!年率7.6%のリターンを生むグローバル投資法。
この記事は、全世界株ファンド「オルカン」のことを書いています。 この記事を読むと、オルカンの銘柄とその概要がわかります。 オルカンとは オルカンは全世界株に投資するインデックスファンドで、その特徴としては、MSCI ACWI(オールカントリ...

まとめ

デジタル社会への移行が進む中で、半導体の需要は今後も高まり続けることが予想されています。IoT、AI、5G、ビッグデータの活用が進むことで、半導体の重要性はますます増していきます。特に、中長期的な視点から見ても、半導体市場の成長は期待できるため、投資対象として非常に魅力的です。

2024年以降も、デジタル化の進展や新技術の導入が続くことで、半導体の需要は増加し、株価も上昇する可能性が高いです。

長期的な視点で見ると、大きなリターンが期待でき、デジタル化の進展や新技術の導入が続くことで、半導体の需要は増加し、株価も上昇する可能性するかもしれません。

投資を始めるならSBI証券か、楽天証券をお勧めします。

どちらもネット証券として使いやすく、初心者から上級者まで幅広くサポートしてくれます。

SBI証券なら単元未満株の手数料が無料なので小口投資でもコストを抑えられ、楽天証券なら国内株式手数料が最低0円からでポイントが貯まる、使える楽天スーパーポイントを貯めて、取引に使うことができます。

本気で資産運用するならSBI証券
口座開設数840万突破!本気で資産運用するならSBI証券
みなさまに選ばれてNo.1 | 楽天証券
投資がはじめての方も安心の楽天証券!おトクに資産形成をはじめるポイントをご紹介します。
オルカン銘柄一挙公開!年率7.6%のリターンを生むグローバル投資法。
この記事は、全世界株ファンド「オルカン」のことを書いています。 この記事を読むと、オルカンの銘柄とその概要がわかります。 オルカンとは オルカンは全世界株に投資するインデックスファンドで、その特徴としては、MSCI ACWI(オールカントリ...

 

コメント