パンナム航空の破綻の理由を、オイルショックやドル箱路線だった日本を手放したことなどに焦点を当てて説明しています。

出典:Yahoo NEWS
出典:Yahoo

動画の詳細 – YouTube Studio

この記事は、かつての航空業界の巨星、パンナム航空(Pan American World Airways)が破綻した理由を説明しています。

この記事を読むと、1991年に破綻したアメリカの大手航空会社の衰退は、多くの外部要因と経営判断の誤りによることがわかります。

一方で、日本の航空業界においても、JASと統合したJALが、不採算路線を削減できなかったことや、経営判断のミスによって破綻した背景が、パンナム航空と類似点が見受けられることがわかります。

スポンサーリンク

燃料コストの増加

1970年代のオイルショック

オイルショックは世界中の航空会社に大きな打撃を与え、燃料価格の急激な上昇により、パンナム航空の運行コストは大幅に増加しました。

これは、JALも同様に経験した困難であり、両社ともに利益の確保が難しくなったと言えるでしょう。

経営判断の誤り

国内線の航空会社を買収

1980年、パンナムは、国内線の拡大を図るためにNational Airlinesを買収しましたが、この買収は経営の効率化や収益向上にはつながらず、負債が増加しました。

一方、JALもJASと統合したことによるシナジー効果を十分に享受できず、経営が厳しさを増しました。

テロリズム

ロッカビー爆破事件

1988年のロッカビー爆破事件は、パンナム航空にとって大きな痛手となりました。

この事件により、同社のイメージは大きく損なわれ、予約のキャンセルが相次ぎました。

テロの影響は、航空業界全体に及び、JALもその影響を受けました。

競争の激化とデレギュレーション

航空業界の規制緩和により、新規参入企業との競争が増加し、運賃の値下げが進み、パンナムの収益は低下しました。

JALもまた、国内外での競争激化に直面し、収益の確保が困難となりました。

経営資源の不足と不採算路線の継続

パンナム航空は、経営資源の枯渇と不採算路線の継続により、さらに損失を拡大しました。

これは、JALも国土交通省との癒着で、不採算路線の削減ができす、効率的な路線運営ができませんでした。

経済の低迷

1990年代初頭の湾岸戦争による経済の不安定化は、航空需要の減少をもたらしました。

これにより、パンナム航空の収益はさらに低下しました。

最後に

パンナム航空は1991年に破綻しました。

親方日の丸的な経営が、パンナム航空とJALの破綻に共通する要因として見受けられます。

これらの事例から、航空業界においては、外部環境の変化への適応力と、効率的な経営が重要であることが改めて認識されます。

画像出典:Yahoo

日本航空(JAL)が破綻した理由を、具体的な背景にそって説明します。 (cabinattendant.blog)

キャビンアテンダントの多くが使用している化粧水は、SK2なのをご存じですか。

少しお高いですが、SK2は決してあなたを裏切りません。

90%以上天然成分SK-IIピテラTMでできたエッセンスは、肌荒れを防いで、肌本来の働きを整えるトリートメント効果の高い化粧水なので、うるおいあふれるクリアな肌へ導いてくれます。

ピテラとは、特別な酵母の株から、独自のプロセスで発酵させ生み出した、SK-IIだけの天然由来成分で、肌がうるおい、乾燥や毛穴に効果があり、透明感のある肌状態に導きます。

また、毛穴目立ち、キメ、乾燥、くすみ、小じわなどを整え、ハリ不足や乾燥による小じわに効果があります。
メラニンの生成をおさえて、シミ・ソバカスを防ぎ、夏の紫外線やエアコン使用などによっておこる、乾燥、乾燥によるくすみ・小じわ、キメの乱れを整えてくれます。

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント