飛行機での気圧変化による頭痛を防ぐ!キャビンアテンダントが教える対策法

CAの就職活動

この記事は、飛行機に乗った時に、頭痛がする人に向けて書いています。

この記事を読むと、飛行機に乗った時に起こる頭痛の原因と対策がわかります。

スポンサーリンク

頭痛が起きる原因

気圧の変化による頭痛

飛行機の着陸時には、気圧の急激な変化によって、耳の圧力を調整するための耳管が、気圧の変化に追いつけず、うまく開かないことで圧力が不均衡になり、頭痛が発生します。

対策

耳抜きの実践

ガムを噛んだり、あくびをしたりすることで、耳管を開いて圧力を均一に保つことができます。

水分補給

脱水は頭痛を引き起こす原因になりますので、飛行中はしっかり水分を取るようにしましょう。

鼻炎スプレー

鼻の通りを良くすることで耳管の機能を助け、気圧変化への対応をスムーズにします。

リラックス

ストレスは頭痛のトリガーになり得るので、リラックスすることが重要です。

痛み止め

医師の診断のもと、飛行前に痛み止めを使用するのも一つの手段です。

アレルギーによる頭痛

アレルギーによる頭痛は、以下のような原因から発生することがあります。対策は、アレルギーの原因を特定し、症状を軽減させることが大切です。

鼻づまりと副鼻腔炎

アレルギー反応が鼻づまりや副鼻腔炎を引き起こすことがあり、これにより頭痛が生じることがあります。

対策

  • アレルギーの原因物質を特定し、避ける。
  •  鼻炎スプレーや抗ヒスタミン薬を使用。
  • 温かい蒸気を吸入する。

炎症性サイトカインの放出

アレルギー反応により体内で炎症性サイトカインが放出され、これが頭痛を引き起こすことがあります。

対策

  • アレルギーの症状を軽減するために、医師が処方する抗炎症薬を使用しましょう。
  • アレルギーの原因を特定し、アレルギー症状を予防することが大切です。

アレルギー性副鼻腔炎

アレルギーによって副鼻腔炎が発生し、これが頭痛の原因となることがあります。

対策

  • 適切な抗生物質や抗アレルギー薬を医師の指導に従って使用しましょう。

アレルギーによる頭痛を軽減するためには、まずアレルギーの原因を特定し、それに対する適切な治療を受けることが重要です。

医師やアレルギー専門家に相談して、症状の管理や予防についてアドバイスを受けることをお勧めします。

病気のサイン

もし頭痛が激しく、普段と異なる場合は、くも膜下出血などの脳の疾患を疑う必要があります。

このような症状が現れた場合は、直ちに医療機関での診察を受けることが大切です。

医療機関での検査費用

日本の健康保険を利用すると、MRIは9,000円から15,100円で、CTスキャンは8,100円から10,000円です。

何か異常を感じたら、医療機関に行きましょう。

 

おわりに

長時間のフライトでの快適さを保つためには、これらの頭痛対策を事前に知っておくことが大切です。

国際線の機内には、アスピリンや冷えピタを用意している航空会社もあるので、痛みがひどい時はキャビンアテンダントに相談してみましょう。ストレスの少ない座席へ移動することが可能な時もあります。


飛行機での気圧変化で頭痛が起こる原因と解消法をキャビンアテンダントが詳しく解説! (cabinattendant.blog)

CAの就職活動
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント