日本の大手航空会社にあるボーイングの飛行機の特徴を解説!キャビンアテンダントの目線から見たBー737、B-767、B777、B787。

NEWS

日本の大手航空会社にあるボーイングの飛行機の特徴を解説!キャビンアテンダントの目線から見たBー737、B-767、B777、B787。 – YouTube

この記事はボーイングの飛行機について解説しています。

この記事を読むと、キャビンアテンダントの視点からボーイングの飛行機の内部の働きやすさや過ごしやすさがわかります。

スポンサーリンク

ボーイング社とは

ボーイング社は、アメリカ合衆国を拠点とする世界最大の航空・宇宙関連企業で、1916年にウィリアム・ボーイングにより設立され、民間航空機から軍用機、宇宙機、ミサイルの製造まで幅広く手がけています。

ボーイング737、747、767、777、787などのシリーズは、世界中の航空会社で広く使用されており、その技術的な優れた性能と信頼性から多くの航空会社に選ばれています。

ボーイング737

サイズ

30m – 43.8m

10mのバス4台分の長さと同じで、小型の飛行機として多くの空港で運用が可能です。

重さ

40,000kg – 85,000kg

人数

85 – 215人

エンジン

独特の三角おにぎり型の形状で、これによりエンジンの効率が向上し、燃費の改善や騒音の低減に寄与しています。

キャビンの特徴

メリット

  • 小さなキャビンなので、前方のキャビンアテンダントと後方のキャビンアテンダントがジェスチャーやアイコンタクトで意思疎通ができます。
  • 後方のキャビンアテンダントからも出入口が見えるので、ボーディングや乗客の荷物収納の様子がよくわかり、手助けが必要な人のお手伝いが可能です。
  • 機内が狭いので、キャビンアテンダントと乗客との距離が近く、コミュニケーションが取りやすいです。

デメリット

  • 通路が1本しかないので、サービス中カートを出していると、移動する旅客の邪魔になってしまい、前方か後方のギャレイまで戻る必要があります。

ボーイング767

サイズ

全長54.9m

バス5台と半分の長さに相当し、長距離国際線に適しています。

重さ

80,000kg – 187,000kg

人数

181 – 245人(2クラス構成の場合)

ドアとタイヤ

767には横から見ると前後に2つの大きなドアと、翼の近くに2つの小さなドアがあり、タイヤ2つで安定した離着陸をサポートしています。

キャビンアテンダント目線

サービス

767は通路に余裕があるので、サービスカートの移動がスムーズです。前方のギャレイは狭いですが、後方のギャレイはキャビンアテンダントが休憩できるスペースがあり、機内サービスの準備や片付けがしやすいです。

安全

非常口の位置や配置が明確なので、緊急時の対応が行いやすい機材です。

乗客の目線

座席

2-3-2の座席配置の機材は、中央の席が少ないため、隣の乗客との距離が取りやすいです。

アメニティ

個別のエンターテインメントシステムが多くの機体に装備されており、長時間のフライトも快適に過ごせます。

トイレ

トイレの数も乗客の人数に合った数、設置されており、どこにあるかもわかりやすいです。

 

ボーイング777

サイズ

全長73.9m

これは、バス7台分の長さと同じで、超長距離国際線に最適です。

重さ

142,000kg – 351,500kg

人数

301 – 368人(3クラス構成の場合)

タイヤとドア

777には横から見ると3つのタイヤと、合計5つのドアがあります。

これにより、大量の荷物や乗客の移動もスムーズに行えます。

尾翼のデザイン

777の尾翼は直線的で、シンプルなデザインが特徴です。

キャビンアテンダントの目線

働きにくい

777は大型機なので、ギャレイの収納が高い場所にあることが多く、手が届かない時があります。

その場合は、下にあるフットステップというステップに乗って、必要なアイテムの出し入れをしています。

ストッパーやラッチが多く、離着陸前のチャックが多く、出し入れごとに、ストッパーやラッチを操作するので、キャビンアテンダントの多くが腰痛や手首を痛める可能性が大きい機材です。

安全

多くの非常口と明確な通路があり、緊急時の対応がしやすいです。

乗客の目線

3-3-3や3-4-3の座席配置があり、狭く感じることがあります。

リクライニングが深くできますが、それによるトラブルもあります。

アメニティ

最新のエンターテインメントシステムが用意されています。

ボーイング787の特徴

サイズ

全長56.7m

これは、バス5台と半分の長さに相当し、中〜長距離国際線に適しています。

重さ

117,000kg – 254,000kg

人数

242 – 330人(2クラス構成の場合)

エンジン

787のエンジン後部にはギザギザのデザインが施されており、これにより騒音を大幅に削減しています。

翼の材質

787の翼は炭素繊維で作られており、これにより軽量化と強度が向上しているので、翼の色が白くなっています。

キャビンアテンダントの目線

働きやすさ

787は最新の技術を取り入れた機体で、LED照明でさまざまな雰囲気を作り出せ、電子式の窓の調光を、キャビンアテンダント側で調整が可能です。

安全

最新の安全技術が導入されており、緊急時の対応も万全です。

乗客の目線

過ごしやすさ

キャビンの湿度が他の機材より高いので乾燥しにくく、気圧も最適化されています。

 

長時間のフライトでも体調を崩しにくいと言われています。

アメニティ

大型のタッチスクリーンエンターテインメントや、USBポート、Wi-Fiなど、最新の設備が整っています。

トイレ

乗客の総数にトイレの数が足りず、長距離路線ではトイレに長い列ができてしまいます。

日本航空と全日空の関係

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA、全日空)は、日本の2大航空会社として知られています。

両社は、日本の航空業界における競合関係にありますが、航空業界の健全な発展や環境問題への取り組み、安全対策など、共通の課題に対しては協力することもあります。

最後に

羽田空港や成田空港には、飛行機を観察するためのスポットがあります。

羽田空港ミュージアムでは、航空の歴史やボーイング機種の進化を学ぶことができます。

キャビンアテンダントの給与について知りたい人必見!日本と外資系航空会社の年収ランキングと手取り額の内訳を解説。 (cabinattendant.blog)

キャビンアテンダントの多くが使用している化粧水は、SK2なのをご存じですか。

少しお高いですが、SK2は決してあなたを裏切りません。

90%以上天然成分SK-IIピテラTMでできたエッセンスは、肌荒れを防いで、肌本来の働きを整えるトリートメント効果の高い化粧水なので、うるおいあふれるクリアな肌へ導いてくれます。

ピテラとは、特別な酵母の株から、独自のプロセスで発酵させ生み出した、SK-IIだけの天然由来成分で、肌がうるおい、乾燥や毛穴に効果があり、透明感のある肌状態に導きます。

また、毛穴目立ち、キメ、乾燥、くすみ、小じわなどを整え、ハリ不足や乾燥による小じわ

に効果があります。

メラニンの生成をおさえて、シミ・ソバカスを防ぎ、夏の紫外線やエアコン使用などによっておこる、乾燥、乾燥によるくすみ・小じわ、キメの乱れを整えてくれます。

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント