スイスのジュネーブで始まった「FreeGo フリーゴー」は、食品ロスを削減することで、地球温暖化やフードロスを防ぎ、持続可能な社会の実現を目指しています。

NEWS

この記事は、スイスのジュネーブで始まったFreeGo(フリーゴー)の活動を説明しています。

この記事を読むと、FreeGoが、食品廃棄物を削減することで、地球温暖化対策をしていることがわかります。

スポンサーリンク

FreeGoとは

出典:Associated Press News

スイスのジュネーブで始まった「食品ロス」を削減する取り組みを指す言葉です。

この取り組みは、食品の無駄を減らし、環境にも経済にも貢献することを目的としています。

FreeGo(フリーゴー)では、食品ロスを最小限に抑えるために、さまざまな取り組みがとられています。

食品の寄付

出典:Associated Press News

小売業者や飲食店は、余剰や賞味期限が近い食品をFreeGoに寄付することができます。

これにより、売れ残る可能性のある食品でも、無駄なく必要な人々に届けることができ、食品が廃棄されることを防ぎます。

保存期限の管理

スーパーマーケットや飲食店などで、食品の賞味期限や消費期限を適切に管理し、期限が近いものから優先的に販売することで、廃棄を減らします。

アップサイクリング(食品の再利用)

一部の食品は、新しい製品に変身させることができます。

例えば、余剰の果物をジャムやチャツネに加工したり、野菜の端切れをスープやストックに活用できます。

余った食品を再利用して新たな料理にして、無駄を減らします。

農産物の美観基準の緩和

農産物の形やサイズに厳格な基準を持たず、見た目が不揃いでも食品として問題ないものを流通させることで、農家の生産物のロスを減らします。

厳格な美観基準を緩和することで、見た目に問題があるとされるものでも販売され、無駄を減らすことができます。

消費者への啓発

食品ロス削減の重要性や具体的な方法について、消費者に対して啓発活動を行い、賢く食品を選び、無駄なく使うよう促します。

食品の適切な保存方法や食事の計画、残り物の上手な活用などの情報提供が行われます。

テクノロジーとの協力

テクノロジーは食品ロス削減に大きな役割を果たすことがあります。

アプリやプラットフォームが開発され、余剰食品と必要な受け手をつなぐことで、寄付と再配布を促進することができます。

政策の支援

政府や地方自治体は、食品業界が食品ロス削減活動に積極的に参加することを奨励するために、政策やインセンティブの支援を提供する場合があります。

税制優遇措置や助成金などが実施されることがあります。

最後に

フリーゴーの取り組みにより、食品ロスの削減と持続可能な社会の実現に寄与することが期待されています。

フリーゴーは、食品ロスを削減するための様々な戦略やアプローチを含んだ概念です。一般的には、生産者、小売業者、消費者、非営利団体など、さまざまな関係者の協力によって実施されます。

これらの戦略を組み合わせ、責任ある消費の文化を醸成することで、FreeGo(フリーゴー)は、生産から流通、消費まで食品ロスを最小限に抑えることを目指し、環境、経済、社会的な影響を減らし、持続可能性を促進しています。

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
キャビンアテンダントになりたい人のためのブログ

コメント