絶対に忘れてはいけない!JALの機内で集団食中毒、担当者が自殺した事件。

CAの仕事

みなさんは、食中毒を経験したことがありますか?

実は、食中毒は、死に至ることもある危険な症状なのです。

なぜなら、発熱・腹痛・下痢・吐き気・嘔吐などの急性胃腸炎だけでなく、重症の時は、下痢や嘔吐を繰り返すことで、脱水状態になってしまうからです。

この記事では、過去に起きた機内での集団食中毒事件を説明しています。

この記事を読むと、機内という閉ざされた空間で、限られたトイレしかない状態で、数百人が苦しんだことがわかります。

また、その責任を取って航空会社の支店長が自殺した衝撃的な結末がわかります。

安心・安全を目指す航空会社として、食品管理の大切さを問いただしています。

スポンサーリンク

日本航空食中毒事件

日本航空集団食中毒事件

1975年2月3日、乗員乗客364人のうち、機内食を食べた200人が、1時間後に吐き気・嘔吐・下痢・痙攣をおこし、144名が重症、危険な症状の30人はICUで治療を受けました。

民間航空機史上最大の集団食中毒事件で、事件後、機内食の最終的な責任者であった支店長がピストル自殺したのです。

 

状況

この便はチャーター機で、344人の乗客と20人の乗員が搭乗し、旅客はコカ・コーラ社員とその家族だけでした。

チャーター便は、日本からアラスカのアンカレッジ国際空港と、デンマークのコペンハーゲン空港を経由して、フランスのシャルル・ド・ゴール空港へ向かうフライトでした。

コペンハーゲン到着予定の1時間半前に、朝食としてハム入りオムレツが提供されたことが、食中毒事件の始まりだったのです。

シンプル ハムオムレツ レシピ・作り方 by hideok888|楽天レシピ

出典:Rakutenレシピ

その朝食を食べた乗員乗客が、次々と吐き気・嘔吐・下痢・痙攣をはじめ、最終的に144人が重症、30人は危険な状態で、ICUに入りました。

多くの乗客がトイレに殺到し、機内にあるトイレだけでは足りず、次々と通路に吐き出したので、CAは、新聞紙を広げて汚物に対応したのです。

治療をしていたデンマークの病院では、日本語を話せるスタッフがおらず、現場は混乱し、通訳として現地の日本食レストランの人を連れてきて対応したのです。

原因

アメリカ公衆衛生局の発表で、ハム入りオムレツから、黄色ブドウ球菌が発見されたことがわかりました。

食事のケータリングをしていたインターナショナル・インフライト・ケータリング・カンパニーの調理を担当した3人のうち1人が右手人差し指と中指に傷があり、そこから菌が混入したのです。

ケータリング会社には、4つの調理場があり、そこから機内食は提供されています。

怪我をした担当者は、3つの調理場で菌をまき散らし、ファーストクラス40食、エコノミークラスの190食、合計220食に触れていました。

その日、彼は指先に包帯を巻いていたにもかかわらず、上司へ報告せず、上司も全員の健康状況の確認をしていませんでした。

このことが後の惨事の原因となるのです。

機内食は、出発の6時間前に調理が終わり、冷蔵庫で保管、トラックが出発の2時間前から、機内に積み込みます。

結果

機内食を食べた200人が、1時間後に吐き気・嘔吐・下痢・痙攣をおこしました。

そして、支店の最終責任者であるアンカレッジ支店社長が、「責任は全て自分にある」と遺書を書き残して、事件から1週間後に、ピストルで自殺したのです。

彼は、まだ50代という若さで、自分の命と引き換えに責任を取ったのです。

被害にあった人のほとんどは、数日で退院し、後遺症が残った人も出ず、死者も出なかったのに、彼を自殺にまで追い込んだ理由は何だったのでしょうか?

日本の腹切文化

日本独自の風習に、責任を取って、死んで詫びるという「切腹の文化」があります。

封建時代の考え方は、自分の責任を自分で判断し、自害することで、自分と一族の名誉を守る必要があり、切腹は美徳でした。

この考え方が「生き恥」という言葉を作ったのではないでしょうか。

食中毒の本当の原因は、機内食を調理した料理人の指先の怪我です。

そこからブドウ球菌が混入したことは調査結果で明らかだったのに、彼は一人で抱え込んでしまったのです。

指先の怪我を、上司へ報告しなかった担当者と、上司の管理責任、黙認していた同僚にも責任があります。

そして責任を取るべきは個人ではなく、会社だったのではないでしょうか。

日ごろの緩んだ安全管理を真摯に受け止め、2度とこのようなことが起こらないように、有意注意で仕事にあたっていくことが、会社の方針として大事なのです。

食中毒とは

食中毒①

感染型の食中毒10~72時間後
毒素型の食中毒5~24時間後
ノロウィルスの場合1~2日後

食中毒②

コレラ重症化すると1日20回以上の下痢や嘔吐、脱水症状になる。

汚染された生水や生ものから感染。

赤痢下痢・発熱・嘔吐は菌の型によって違いがある。

保菌者によって汚染された食器には注意し、蚊がたかっている食品も気を付ける。

腸チフス下痢が起こらないこともある。・徐々に熱が上がり発疹が出て便秘・鼓腸(ガスがたまること)になる。

保菌者から感染。

マラリア潜伏期間があり、悪寒・震え・39度以上の発熱・頭痛・筋肉痛。

悪化すると、意識障害や腎不全、黄疸を起こし死亡する可能性がある。

デング出血熱悪寒・頭痛から始まり、突然の発熱・全身の痛み・リンパ腺の腫れ・皮下出血があり、5~10%が死亡する。

ウィルスを持った蚊に刺されて発症する。

肝炎(A,B,C,D,E型)38度以上の発熱・倦怠感・食欲不振・嘔吐・黄疸。

A,E型=ウィルスを含んだ食品などから感染。

B,C,D型=感染者の血液・体液から感染。

腸内ビブリオ食中毒下痢・腹痛・発熱・嘔吐。

海産魚介類などを生で食べると感染する。

サルモネラ菌8~24時間の潜伏期があり、発熱・腹痛・下痢がおこり、通常は2~3日で治る。

肉製品や低温滅菌していないミルクから感染

黄色ブドウ球菌30分~6時間の潜伏期の後に下痢・腹痛・嘔吐が現れる。

おにぎり・寿司・乳製品・肉・魚製品が感染源。

ボツリヌス菌下痢を伴う神経症状。

18時間の潜伏期。

野菜・ソーセージ・燻製肉が感染源。

参考文献:厚生労働省検疫所 FORTH 海外で健康に過ごすために

食中毒③

原因
タイコレラ・赤痢などの法定伝染病や、腸炎ビブリオ・サルモネラなどの食中毒が発生する。
フィリピンコレラ・赤痢・A型肝炎などの法定伝染病や、腸炎ビブリオ・サルモネラなどの食中毒が発生する。
マレーシアCAの間で下痢が発生する頻度が2番目に多い。

コレラ・赤痢などの法定伝染病や、腸炎ビブリオ・サルモネラなどの食中毒が発生する。

ベトナム感染症は一年を通して発生しているが、雨季は多発する傾向にある。

マラリアをはじめとする寄生虫が多い。

インドネシアコレラ・赤痢などの法定伝染病や、腸炎ビブリオ・サルモネラなどの食中毒が発生する。

CAの間で下痢が発生する頻度が2番目に多い場所です。

インド水質はほとんど飲用に適さない。

火を通したものを食べる(ヨーグルトやラッシーは汚染されているものがある)。

デング出血熱予防の為、蚊に刺されないよう肌を露出しないこと。

CAの間で下痢が発生する頻度が1番多い場所です。

メキシココレラ・赤痢・腸チフス・サルモネラ・A型肝炎が多発している。
ブラジルコレラ・赤痢・腸チフス・サルモネラ・A型肝炎が多発している。

参考文献:厚生労働省検疫所 FORTH 海外で健康に過ごすために

飛行機内での食中毒対策

機内で食事の衛生管理は、とても厳しいルールがあります。

飛行機の中が冷蔵庫の中のように寒い!と感じたことはないですか?

特にギャレイの近くは、エアチラーやドライアイスで、食事を保管しているので

凍えそうな時があります。

これは、何時間も保管している食事や、飲み物の衛生管理のためなのです。

CAの対策

ギャレイやトイレに限らず、乗客やCAが触れるとことをすべて除菌する習慣があります。

国際線の飛行機は世界中の菌やウィルスを持ち運んでいるのです。

食中毒だけでなく感染症にも備えています。

CAの食事

CAは、担当のクラスで乗客と同じ食事を食べています。

CAの食事

  • 乗客のリクエストが偏った時にクルーミールで調整ができる。
  • 食事に変質・異物混入があった時に代用できる。
  • 食中毒が起きた時に自分の症状と比較できる。

 

機内で腹痛や嘔吐下痢の乗客がいると、トイレや座席を限定し隔離します。

旅客の食事トレーを、到着地まで捨てずに保管して、ケータリング会社へ書類と一緒に提出し、分析を依頼します。

手洗いや消毒だけでは、目に見えない菌やウィルスを、死滅させることは難しいので、ケータリング会社・航空会社・清掃会社が、力を合わせて目に見えない敵と、戦っています。

乗務員の体調不良により飛行機が遅れる確率は、1パーセント以下です。

私たちCAは、乗客の安全と自分の安全のためにも、衛生状態や食事の管理には十分気を付けています。

 

いくつ知っていますか?天皇陛下にサービスできるキャビンアテンダントの7つの条件。
天皇陛下や首相が、民間の航空会社を利用する時、その飛行機のことを私たちCAは特別機と呼びます。特別機には、社内で選ばれた一流のパイロットと、優秀なCAしか乗務できません。なぜなら、その便は航空会社にとって、売り上げに直接結びつく宣伝効果抜群のチャンスだからです。このブログでは、政府専用機の客室乗務員と特別機の客室乗務員の違いなどを説明しています。
せら
空の上の仕事が大好きな、国際線のキャビンアテンダントです。 旅が好きな人、飛行機や航空会社に興味がある人へ、機内で起こる面白い出来事を、ブログでお届けしています。 飛行機内で経験してきた出来事や、機内で出会った世界中の人々のこと、CAやパイロットの現状、デブをスリムにしたダイエット方法、ダイエットで摂食障害になって経験...

コメント

タイトルとURLをコピーしました