喫煙者は既に知っている!機内で喫煙する手口

CAの仕事

長時間のフライト中

喫煙者は、タバコが吸いたくなって当然です

喫煙してはいけない、と思えば思うほど

ストレスが溜まり

タバコのことばかり考えてしまうのです

実は、多くの喫煙者がトイレでタバコを吸う方法を

既に知っているのです

なぜならトイレの煙感知システムに

ペーパーカップで蓋をすると

喫煙して煙が出ても

警報音が鳴らないのです

そしてCAは

喫煙者がそのことを知っていることを

知っています

この記事を読むと飛行機内で我慢できずに喫煙した人が

その結果

現地警察に逮捕されるまでの一部始終がわかります

 

飛行機内が禁煙になった経緯

禁煙席マーク・喫煙席マーク【分煙】イラスト - No: 1614842 ...

 

昔の機内では

外資系も日本の航空会社も機内で喫煙可能でした

飛行機の前方を喫煙席

後方を禁煙席に分けていたのです

しかし、飛行機の「禁煙化」が進んできたのは

1980年代後半から

全日空は1986年10月

それまで各機種ともに25%だった禁煙席の数を40%まで拡大し

日本航空は1987年4月に国内線の約50%を禁煙席としたのです

その時

全日空の行った調査によると

禁煙席の増加を求める声は回答数の40%

日本航空の調査でも「煙は不快」が40%と

狭い機内で煙にまかれることに

苦痛を感じていた人は多かったことがわかります

 

喫煙者の言い分

他人の煙は嫌い

禁煙席に座りたい

吸いたくなった時だけ

ギャレイや後方の喫煙席の空いてる席で吸わせてほしい

 

という乗客が多く

エコノミークラス最後尾の座席2席を空席にして

共有の喫煙席を用意していた時代もありました

当時のCAは

その座席の灰皿にたまった吸い殻を

マスクもせず

頻繁に交換していたのです

 

1992年、煙草の副流煙による健康被害と機内火災の予防を目的に、国際民間航空機関(ICAO)が飛行機の禁煙化を勧告しました

しかし

その時代の日本では

政治家や権力者に喫煙者が多くいたので

ICAOの勧告を

すぐに国も企業も受け入れませんでした

その後

世界的禁煙ブームが後押しする中

日本では1992年

厚生労働省が5月31日の世界禁煙デーをきっかけに

国内の各航空会社では

機内禁煙化が始まりました

機内全席禁煙になった当初は

喫煙者の海外出張が減った

吸いたくなった睡眠剤を飲む乗客がいたというから

驚きです

当時、ヘビースモーカーのパイロットやCAは操縦室で隠れて吸っていた、と言われています

しかし

トイレで隠れて吸う乗客は

後を絶ちませんでした

なぜなら

機内にはタバコやライター(1人につき1個)の持ち込みが

可能なのです

しかも全ての飛行機には

トイレの中や

トイレのドアに灰皿が用意されているのです

 

画像ギャラリー | 時代に逆行 幻の「喫煙者専用航空」とは 機内 ...

出典:乗り物ニュース

 

灰皿がある理由

機内が禁煙であることを知らずに

タバコを吸う人が今でもいるのです

私たちCAも驚きますが

注意された乗客も「えっ、だめなの?」と驚く人がいるのです

トイレに設置されている灰皿は

機内が喫煙禁止を忘れていたり

知らなかったという人がタバコを吸おうとした時に

即座に火を消すことができる安全の為のものなのです

万が一に備えて灰皿を設置してあり

決してタバコを隠れて吸うためではありません

 

つまり

トイレの灰皿は

航空法の歴史を

安全上の観点から受け継いでいるものなのです

2022年現在

日本の航空会社すべてにおいて

コックピットを含む全席が禁煙です

 

機内喫煙の恐怖

 

飛行機の中は

密閉空間なので

万が一火災が発生した場合には

すぐに脱出することができないので

大きな事故につながるのです

それで機内での喫煙が禁止になったのです

 

飛行機で火災が発生すると、誰も助けに来てくれません

多くの喫煙者が

タバコの吸殻を捨てるゴミ箱は

使用済みのペーパータオルで溢れているので

吸い殻から発火して火災に発展し

気付くのが遅れれば

全員が死の危険にさらされるのです

機内には

ハロン消火器や水消火器が搭載されていますが

数は限られており

機内は乾燥しているので

火はすぐに燃え広がります

密閉された機内で煙が充満すると

どんなに低い姿勢をとっても

二酸化炭素を吸い込むことになってしまうのです

そんな時、CAは、「上体を低くしてください」と叫びながら濡れたオシボリを配布するので、それを鼻と口にあて、煙を吸わないよう、床に伏せてください

トイレで喫煙することは

機内火災発生を起こす1番の原因でした

今は

パソコンなどの電子機器やリチウムイオン電池から

発火する確率が上がってています

火災は発見が遅れると、大惨事つまり墜落する可能性が出てきます

国土交通省によると

CAの目を避けてトイレ内でたばこを吸い

トイレ内のゴミ箱に吸い殻を捨てるケースが目立つというのです

 

 

トイレ内の煙感知器

ライコムオンラインショップ ホーチキ(自火報防災システム ...

通常

トイレで喫煙すると煙感知器が作動し

近くの空港に緊急着陸や出発した空港へ

引き返すなど対応がとられます

自分のみならず

同乗している全旅客のスケジュールが

台無しになってしまうのです

しかし、航空会社が彼らから罰金を取った話は聞いたことがありません

 

煙感知器の仕組み

MAI-SLAB-2RLYD-BWN ホーチキ 無線連動 光電式(煙式)スポット型 ...

出典:https://www.denchiya.net/c/emergency/sensorsmoke/sensorsmokehochiki/MAI-SLAB-2RLYD-BWN

4098c46749fa0c73a2aa309138a66e ...

煙の感知器がついているため

トイレ内でタバコを吸えば

すぐ警報器が鳴りバレてしまいます

私たちCAは、離陸前の事前準備でトイレの煙感知器の警報音が正常に作動するか毎回確認しています

しかし

煙探知器を作動しないように

するのは簡単なんです

 

喫煙者が行う手口

Cover a Smoke Detector Step 2というタイトルの画像

喫煙者は

紙コップ等で感知器の空気口を覆って

音がならないこと願いながら喫煙するのです

飛行機のトイレ内には

うがいや歯磨き用の小さな紙コップが設置されており

勝手にそれを利用しているのです

しかし

タバコの臭いまで消すことはできません

必ずCAや他の旅客に

気付かれます

 

結果

法律で禁じられた2004年のトイレ内喫煙件数は

291件

2012年に95件まで減たにも関わらず

2013年以降は毎年100件を超え

現在は横ばい状態です

国土交通省の調査で毎年

各航空会社それぞれ1年100件以上のトイレ内喫煙が報告されています

 

2022年現在に至るまで、その全員が罰金50万円を払うことなく、警告だけで終わるか、もしくは、機内で犯人を特定できないまま終わってしまっているのです

安全阻害行為

 

トイレ内喫煙は「安全阻害行為」という

機内での迷惑行為として

法律によって禁止されています

 

2004年1月15日、航空法第73条、航空法第150条が適用されました

禁止命令の対象となるのは

「航行中にドアを開けようとする危険な行為」等

あわせて8項目あり

そのうちの1つがトイレでの喫煙です

機長による禁止命令に従わない場合

50万円以下の罰金が科せられることがあり

警察からの事情徴収後

罪を背負うことになるのです

現在、国交省は

喫煙行為に加熱式、電子タバコを含むと明記しました

 

しかし加熱式、電子タバコを吸ったことがないCA達が、臭いや不審な動きだけで犯人を特定できるでしょうか?

 

逮捕されたエリートサラリーマン

成田発ロサンゼルス行フライトは

ファーストクラスからエコノミークラスまで

満席

特別食をリクエストする乗客も多く

CAは必死にサービスに集中していました

 

離陸して2時間30分

食事サービスが終わり

私たちは機内販売を行っていました

すると突然

飛行機の一番後ろにあるトイレの煙感知器が作動し

機内中にサイレン音が鳴り響いたのです

 

機内は騒然としました

その音は

耳を突き刺すように大きな音なので

寝ている旅客は起き出し

機内は騒がしくなりました

すぐに警報音の鳴る使用中のトイレへ向かい

警報音を止めて

トイレ外から「お客様!お客様!」

と声かけをしたのに

反応がありません

最終的に

外側から強制的にドアを開けたのです

 

機内のトイレは、乗客が倒れた場合に備えて外からCAが鍵を開けることができる仕組みになっています

すると40代男性が

煙草を吸いながら

こちらを睨みつけているのです

私はキツイ口調で注意しました

男は

黙って煙草を洗面台に押し潰し

ゴミ箱へ捨て

自分の座席に戻っていったのです

すぐにトイレ内のゴミ箱を大きなビニール袋内へ入れ替え

再燃防止の為

タバコを見つけ出し、水に濡らして処理

トイレ内の清掃と消臭をしました

私は腹が立って

男のところへ行き

機内のトイレで喫煙してはいけないことを注意し

一度目の警告をしました

 

CAが警告をした後は機長から安全阻害行為として警察待機要請を出すことができます

 

男へ口頭で注意をしても

座席に座り目を閉じて黙ったままなので

違うCAからも同じように注意しても

男はCAを無視し続けました

 

離陸して4時間

CAは交代で食事をとっている時でした

女性客がギャレイへ来て

「また同じ男が煙草を吸ってる!」

と言うのです

そのトイレへ近づくと煙草の臭いがして

煙がうっすら見えます

ドアを叩いて外から開けようとしても

中からドアが開かないよう細工をしていて無理でした

乗客の男性数名の力を借りましたが開きませんでした

男はとうとうトイレから出てこなくなってしまったのです  

 

 

操縦室へ状況を報告すると、キャプテンが「成田空港へAIR TURN BACKする」と言うのです!!

 

  キャプテンの考え

  • 閉じこもって何をするかわからない
  • 警告を既にしている
  • 喫煙で火災が起こる可能性
  • 自暴自棄になり危険

 

と判断したのです

旅客へ機内アナウンスで成田空港へ戻ることを伝えると

他の乗客たちはクレームを爆発させはじめました

 

AIR TURN BACK

驚く人

怒る人

ロスでの予定に間に合わないと嘆く人

がほとんどで

私たちCAはクレーム対応に追われました

しかし飛行機が旋回し

時間が経つにつれ

機内は落ち着きを取り戻し始めたのです

 

引き返した時は、離陸後して4時間経ったところです、ロサンゼルスまで残り6時間でした

成田空港では

警察の待機を要請していたので

他の乗客が下りた後

警察官と地上スタッフが男を取り押さえました

ところが男は、無言のまま暴れ始めたのです

すると目の前で、現行犯逮捕されたのです

 

 

逮捕理由

  • トイレでの喫煙
  • CAへの業務妨害
  • 警察への公務執行妨害

 

事情徴収後

男は誰もが知る大手新聞社の記者だとわかりました

会社の出張でロサンゼルスへ移動中で

今回の事件は

男性の会社へ全て報告され、懲戒処分を受けたのです

翌日のテレビのニュースや新聞にも載りました

しかし航空会社は男から罰金を徴収しなかったのです

 

それだから機内での喫煙が後を絶たないのではないでしょうか・・・

 

再度出発

再びロサンゼルスへ向けて

燃料の補給と食料の追加搭載を行い

出発です

しかし2名のパイロットだけは

規定により交代になりました

13名のCAは規定がないので

そのまま折り返しロサンゼルスに向かいます

 

なんで?なんで?パイロットだけ交代して、ずるくないですか!私たちCAの方がずっと立ちっぱなしだし、旅客からのクレーム対応で疲れてるのに!ひどすぎます!!

 

社内では

CAとパイロットの差別化がされている象徴的な出来事です

いろんな場面で

似たようなことがおこります

 

 

遅延の影響

  • 旅客の乗り継ぎ便やホテルの手配
  • 次便ロス出発の旅客も遅延

 

1人1人の貴重な時間を

奪ってしまっているのです  

その経費さえ

男へ請求することはないのです

許せませんよね!!

 

ロス到着

 
成田出発から20時間後
 
無事ロサンゼルスに到着しました
 

私たちCAは

とても疲れ切っていました

乗客の遅延対応

クレーム対応が多かったからです  

 

乗客の中には、同情してくれる優しい人もいました

全てが終わって

空港からクルー専用のバスに乗る時

私たちCAは、広くて乗り降りしやすい席を

パイロットたちが座れるよう常に配慮し

バス後方へ小さく固まって座ります

 

なんでこんなに気遣いばかりしなければならないのでしょう・・・

そしてホテルへ着くと

いつもと違う豪華なホテル

喜びも束の間

降りようとしたら

豪華なホテルはパイロット2人だけで

CAは

いつもと同じ

あの臭いホテルだったのです

 

電子たばこ・加熱式たばこ

私たちCAは

電子タバコや加熱式タバコに詳しくありません

見分ける力がないのに

説明をしなければなりません

それらは機内への持ち込みは可能であっても

使用も充電もできません

 

理由

  • 火を使う
  • 煙が出る
  • におい等で他旅客の快適性に影響を与える
  • 火災の発生源となる

 

つまり他の乗客への迷惑となり

機内で緊急事態へ発展する火災の恐れがあるのです

 

 

発見したCAは

  • 物的証拠(煙草の吸殻など)
  • 発生時刻、発生場所、発生状況の確認
  • 目撃者の証言(第三者である旅客の証言入手)

 

に努めるのですが

第三者の証言や連絡先を入手するのが

最近は難しくなってきました

逆恨みされたくない、トラブルに関わりたくない、という気持ちの表れだと感じてます

2000年

成田発シアトル行きの機内トイレで

泥酔した新宿区の会社員の男が喫煙し

飛行機が成田に引き返す騒動も起きています

この時、他の乗客たちからは

「日本人の恥だ」との怒りの声も上がったそうです

参照:『産経新聞』2000年11月20日付朝刊)

でも

ほんの少し前まで

タバコはお酒と同じように

大人のたしなみのような考えの人もいたはずです

たった10数年で

世の中が変化していく現代社会は

これからweb3.0やDAOによって

もっと急速に変化していくのかもしれません

 

最後に

2018年に事故死者が出た航空会社は15社 | TABIZINE~人生 ...

出典:TABIZINE

飛行機は密閉された空間です

多くの人が過ごし

火災発生時には逃げ場がありません

こんな危険を冒してまであなたは

機内のトイレでタバコを吸いたいと思いますか?

 

旅客全員が快適な空の旅を楽しんでいただけるよう

これからもCAたちは

努力していきます

そして

航空会社は

毅然とした対応を取ることを心がけ

喫煙者からは罰金を必ず徴収し

社会へ還元していく必要があります

持続性のある航空会社として必要なことは

わがままな旅客の言いなりになるのではなく

誰一人とり残さず

快適な空の旅を提供できることだと思います

 

 

https://cabinattendant.blog/6381/pilot-and-ca-die-early-with-cancer/cabin-attendant-contents-of-work/

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました