死亡したのは飛行機の中!

CAの仕事

シカゴ発成田行きビジネスクラス

医師によって死亡が確認されたお客様がいました

ボーディング中も食事のサービス中も、その方の様子は普通だったので、CAは気にかけることなく13時間のフライトを過ごしていました

 

1食目のサービスが終わった後、機内の明かりを落として暗くしました

その方は、毛布を頭からかぶり寝ており、2食目のサービス中も寝ていたので敢えて声掛けをしませんでした

 

到着準備の為、ベルト着用の案内で起こしに行くと、その方は、ぐったり倒れ、CAは初めて様子がおかしいと気付き、呼吸と脈がないことを確認しドクターコールをしました

その時すでに到着前45分

機長に報告し、救急車の待機を依頼

2名の医師がエコノミークラスから駆け付け、死亡が確認されたのが到着前15分

 

 

 

飛行機は、着陸態勢に入っていました

私たちCAも着席し、着陸後、救急隊員が駆け付け、その方は運ばれて行きました

真っ暗な機内において、お客様の顔色や息遣いを察することの難しさを感じます

<br>CA

CA

バイタルサインは成人の場合、呼吸が1分間に12回~20回 脈拍が1分間に60回~80回です

空の上では、救急車を呼ぶことができない飛行機の中で急病人が発生した場合、CAが対応しなければいけません

機内に搭載しているMedicine KIT Doctor`s KIT AED等の詳細は以下です

飛行機内で出産!
飛行機内で出産した外国人のお客様の話です。機内には、医療機器など多くの搭載品があります。それらを駆使して無事出産を終えたケースをご紹介します。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました