日本航空(JAL)が癒着していた自民党の政治家と、民主党政権によって倒産した出来事を説明します。

出典:日経新聞NEWS
出典:日経新聞

この記事は、日本航空(JAL)の倒産に関して政治的影響について説明します。

この記事を読むと、日本航空と政治家の癒着関係がわかります。

スポンサーリンク

日本航空(JAL)と自由民主党(自民党)の癒着

自由民主党(自民党)と日本航空(JAL)は、特に運輸族議員と呼ばれる政治家たちを通じて、長年にわたって密接な関係にあったとされています。

亀井静香氏

過去には亀井静香氏などが、運輸族議員として知られ、航空業界に一定の影響を持っていました。

日本航空ができた当時は、日本航空法というJALのための法律が作られることもあり、日本航空は政治は深く関わっていました。

航空業界は何をやるにも国と関わる必要があったからです。

運輸省の航空局は絶大な力をもっているので、航空会社の経営に口を出すことも多く、地方の政治家による赤字路線への運航も必要でした。

当時JALにはB747のジャンボと呼ばれる500人以上乗る大型機が大きかったので、その飛行機で地方路線にも運航させなければいけない状態でした。

このように国内線は運輸省の政治家と癒着し、国際線は、外務省と癒着しているため海外に路線を作るので、その両方と深く関わりあい、利用しあう関係性でした。

また他にも多くの政治家が航空業界と関わりを持っています。

民主党が政権を取った後に、日本航空(JAL)が破綻した理由

2009年の政権交代で民主党が政権を取った後、JALは2010年に経営破綻しました。民主党政権下では、企業再生支援機構(ETIC)がJALの再建に積極的に関与しました。このような政府の方針の変更が、JALの経営に影響を与えた可能性が考えられます。

政権交代によって、自民党とJALの間に存在したとされる「特別な関係」が影を潜め、それがJALの厳しい経営状況に一因となった可能性もあります。ただし、JALの経営破綻には多くの要因が絡み合っており、政治的影響だけが主な原因ではないとも言われています。

2009年の政権交代で自由民主党(自民党)から民主党に変わったことによって、日本の政治風土や政策方針が多くの面で変わりました。日本航空(JAL)に関しても、その影響は無視できないものがありました。

政策・機構の変更

企業再生支援機構(ETIC)がJALの再建に積極的に関与したのは、民主党政権下での方針であり、ETICは約3500億円の資金供給とともに、再建計画の策定を支援しました。

前原誠司氏の影響

前原誠司氏は、民主党政権下で2009年から2010年にかけて国土交通大臣を務めました。

前原氏は、JALの経営破綻を受けて、国有化を選択肢として否定しない立場を取ったので、当時の政府がJALの再建にどのような方針で臨むのかについて、市場や関係者に多くの注目を集めました。

最終的に企業再生支援機構(ETIC)が主導する形での再建が選ばれ、国有化は行われませんでしたが、政権が民主党に変わったことで、JALに対する政府の対応や関与する機構、方針が変わりました。

それがJALの再建プロセスにどれだけ影響を与えたかについては評価が分かれることもありますが、政権交代がJALに与えた影響は大きいと言えるでしょう。

画像出典:日経新聞

日本航空(JAL)が破綻した理由を、具体的な背景にそって説明します。 (cabinattendant.blog)

NEWS
スポンサーリンク
シェアして下さい。
フォローする
CAセラのブログ

コメント